2007/09/05

オーバーホール

1424240_img
きのうは年に一度のオーバーホールの日でした。

東レのメンテナンスの方にはお世話になっています!
設置から2年、トラブルにはすぐ駆けつけて
解決してくれました。

写真に写ってないけど病院の技士くんも手伝いながら、
いつもの月に一度の作業もやりました。

興味のある人にはもっとアップの写真がよかったかな。

窓の外に写っているのは洗濯物のシーツ(^^;)


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/08/28

染みてきた~

200708270625000

( ̄ロ ̄lll) ガビーン*
V側から血がにじんでた~
でも乾いているとこもあるので、これで治まりそう。

はあ、驚いた。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/08/22

消毒

穿刺や抜針のときの消毒の仕方って施設によって
違うよね。

Jの血漿交換のとき、A側だけ(シャントなので)
自己穿刺してるって書いたけど
そのときの消毒って今まではイソジンでやってた。
抜くときもそう。

でも、ある看護婦さんが担当のとき用意してくれるのは
アルコール綿。
Jの透析室も最近はこれだけでやってるから
なんだけどね。

ものたりない。
普段の透析のときはA、Vともヘキザックアルコール
を浸した綿球で2度も丁寧に拭いて、ガーゼで
押さえて、という作業してるもんだから
え、それだけかよ!てな感じ。

Jでは抜くときはどーすんの?と聞いたら、
刺さったとこにちょんちょんてアル綿を触れる
程度の作業を見せてくれた。
あれで消毒になるのかなあ。

まあ、初めから穿刺部にカット絆を貼っておくところも
あるくらいだからそう神経質にならんでもいいかな
とも思う。

そういや2年前に一ヶ月だけで逃げ出した某T病院も
スタッフ手製のゴルフボール大の綿(ヒビテン)
だけだったな。
あそこは滅菌ガーゼもスタッフが作ってた。
みんなで鋏もってちょきちょき切ってたよ。

シャントの消毒ってキマリはないみたいだね。
アルコール綿だけでいいなら、まあそれだけで
随分な医療費削減にはなるよね。

でもやはりもの足りないけどね(笑)


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/08/17

新たな失敗は

昨日、朝の透析後、田舎に行きっぱなしの夫を
迎えに行くことに。

それで「消毒」の工程は帰ってからやることにして
RO機を「停止」させて、出かけた・・

そして翌朝、いつもどおりの時間に機械が
立ち上がったら・警報音が!!

透析液温異常と透析液濃度異常 だったかな?

え~~~~~??何故~~??

あ~~私ってバカだ~~~バカだ~~~!

昨日帰宅後「消毒」するの忘れてる!!
「停止」のままじゃん(T_T)

は~~~~~~~~~。。

RO機の「造水運転」を押して「消毒」工程にした。

結局、午前中は用事があったので
本日の「透析」を始めたのは午前11:16でしたとさ
ヾ(--;)

真夏の昼間に家で透析するのは初めて。
液置換する前の液温の表示が 38.5℃だった!

水道管が外を通って直に入ってくるからかな?

テレビでお昼の番組を見ながらサンドイッチと
コーヒーで昼食のつもりだけど、きっと夕飯まで
また何か食べないとお腹すくよね(´_`)

今日は透析で日が暮れる。。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/08/15

苦手

あ~久々に穿刺やりなおしちゃった。
v側。

だいたい週半ばは失敗したことがある苦手なところに
刺すようなサイクルになってる。

前は刺したあとダメとわかっても針先を変えたりして
OKにしたこともあったのにー。

その技ができなくなった(´_`)

すぐにあきらめて撤退。
新しい針につけかえました。

でもまだ回す前だから傷は浅いよね。。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/08/04

恐怖の写真(笑)

200708040501000

自分が見てもこれは衝撃写真だ(爆
「ぎょ~!」( ̄ロ ̄lll)  だよ。
かわいそうな私の腕(笑)
最近針の羽の部分が緑から白になったので
撮ったんだけどね。

200708040511000

ついでにこんな写真も。
ガーゼで穿刺部を覆います。
カトチャンのところはブルーシーツで
「海苔巻き」にしてたけど、これはなんだろ?
「軍艦巻き」でもないし~(笑)

写ってるシリジは2時間後に入れるヘパリン。
あと、アルコール綿。
はじめのヘパリンはもう入れた。

チューブは肩の方に回せるほど長くないので
手で持っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/03

技士さんにSOS

いや~あせった、あせった。

透析も始まりゆっくり横になろうとしてた。
暑いので液温を下げてからっと・・・

「温度」のタッチパネルを押してたら
「停止」画面になっちゃったよ( ̄ロ ̄lll) ガビーン*

えー、なんでだ~~~~
こんなの初めて~~~

「透析」押したって「透析」画面になるわけないし。
「停止」押したって「透析」画面になるわけないし。

でもポンプは回ってるので血液は固まらない
からいいけどね。

ええい。技士さんに電話だ~
午前5時20分。
もう電車に乗ってたらまずいなと思ったけど・・
すぐに電話に出てくれた。

事情を説明したら
技士さん 「準備 を押して 」 
私     「はい、準備完了になりました」
技士さん 「透析 押して 」
私     「透析 になったー!」
      (な~るほど~)

透析、無事に再開

あとで病院に着いた技士さんが電話くれたんだけど
「温度」を押したとき、「停止」に触れて
押してしまったんじゃないか?
なんて言われた。

「温度」と「停止」は離れているから
押すわけないんだけどなあ。
それに「停止」はパネルじゃなくてボタン。
触れたくらいじゃ変わらないはず。

でも考えられるのはそれしかないんじゃ
そうなのかな~

でも失敗は成功のもと

私、HHDのことに関してはこればっかヾ(--;)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/24

次の透析の前値

今日は朝から晴れましたね。
たまった洗濯ものが大分かたづきました。
でも明日からはまた梅雨空だそうで。

日曜日は神奈川腎友会青年部主催の講演会に
行ってきました。
「透析の合併症 予防と治療」

講師は某掲示板で知っている柴田先生です(^^)
初めてお目にかかります。

血管の石灰化を防ぎましょう。

「リンとカルシウムは仲良し」
「リンは腸管からやってくる」
「たんぱく質をたくさん摂りましょう」
「炭カルの飲み方に注意」
「リンカルシウムの積は55以下に」
「透析患者の血圧はこれでいいというものがない。
高め方が死亡率低い」
「太めのほうがいい」
「透析量を増やしましょう。時間が大事」

私の場合、太りたいけど今の体重をkeepするので
精一杯だなあ。
今より、100グラムも下げたくない。
どうしたら太れるんだろ。

講師の柴田先生が 「KT/V」について 
施設からその値を聞いて知っていますか?
と会場で質問されていました。

私は連日短時間だからこの計算式に入れたことは
ないんだけど、うちの病院ではどうしているのかを
昨日、病院での透析のとき看護婦さんに聞いたのね。

その値は測っているが患者には伝えてないんだって。
まあ、この式を知ってる患者もいないんだろうね。

そこで看護婦さんが言うには
透析前値と後値と次の透析の前値が必要だって言うの。

次の透析の前値も必要なの?
これはどういう意味?

誰か教えて(笑)
(チャント キイテ コイッテ?)

透析も終わる頃、先生が
「きのう、柴田先生と会ったんだって?」
(講演会終了後、先生に挨拶してきたので)
と言う。

他の患者さんの件で電話したら、
そんな話になったそうです。

えっ?柴田先生、うちの先生に
コスモスさんと会った」って
言ってないよね(^^;)
在宅の人」って言ってくれたよね??(爆

この日の透析は、ど~っと疲れてうとうとしてたら4時間が
終わってたわ。

変わったことはエポなし3ヶ月が過ぎて
ヘマトに下降のきざし。
35%→32% 週1でエポ3000
入れることになりました。

毎日蒸し暑くてたまらん。
早く秋にならないかなあ~。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/07/12

忙しかった

月曜の採血の結果。
またCrがちょい下がる! 8,52
BUNも 54.2 だったし
私の場合は血流は200、これ死守します(笑)

でもねえ、この透析の前にはスイミングのレッスンに
参加してお腹ぺこぺこだった。
でもBUNに自信がなくて(笑)
採血が終わってから用意した昼食を食べたんだ(^^;)
食べときゃよかった~

ヘマトが35.0!
下がるどころか、ちょっと上がる。
またエポのお土産なし。
でも看護師さんが言うには「次回は鉄が下がる予感」
なんだそうです。

スイミングへ行くのを週2回にしたけど
追加の一回は月曜日がベストなんだよねえ。

これからも スイミング→透析室 でやってみよう。


追記
β2MGも下がってた。 22.7 よかった~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/26

病院での質問

まず技士さんに聞いたのは
「時間当たりの除水量を200以上にする理由」

除水0で設定もできるのに何故わざわざ生食を足して
時間当たりの除水量を200にするのか?

図を描いてくれて説明してくれたんだけど、
難しい(笑)ので簡単に言うと

除水ポンプのモーターはゆっくり回すと誤差が出やすい
というお答え。

200以上が安定してるってことでしょうか。

次に先生に聞いたのは
防災フォーラムに行って被災者の話を聞いてきたこと
カリメートを携帯する必要があるというお話もあった
ことなどを報告して
フォーラムの冊子も見せた。

「災害用にカリメートは必要でしょうか」
と聞いたのね。

「カリメートをください」じゃなくて、
「必要でしょうか?」
と聞くところが大人でしょう(爆)

先生は、その非常時に
「自分は元気に見えるけど、あと数日したら
死んじゃうんだということをアピールして、
早く透析が受けられるようにしてもらうことが大事」

「血まみれの人がいたとする。
遠慮して透析をしないなんてことは絶対ダメ。
(その人は死なないかもしれないけど、)
自分は確実に死ぬと強く訴えること」

「カリメートを過信してカリウムが下がりすぎるのも困る。」

でも
「カリメートのことは検討するね」と
言ってくれた。

血液検査しなくても心電図でカリウムが高いか、
わかるとも言ってたなあ。

は~言ってよかった。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧