« 電話した | トップページ | おっと »

2005/03/11

なぜやりたいのか

透析室の技士さん、婦長に昨日の電話を報告。
技士さんが「コスモスさんは安定しているから大丈夫」
と言ってくれた。
まあ、毎回3~4キロも増やしてきて血圧が急降下して
苦しんでいるような人は無理なんだろう。

なぜ在宅でやりたいのか?
毎日、透析をすれば体にやさしく長生きできそうだから。
施設に通わなくてすむから。

仕事をしているとか合併症を改善したいとか
食事、水分制限が厳しいからとか、そんな理由はひとつも
ないんだよね。
でも今だからこそ始めておきたい。年も40代ぎりぎりだし
まだ若い(つもり)

体験談の文にも「週3回4時間透析を10年を越しては
やらないほうがいい」と書いてあった。

まず医者と看護婦、技士と面談→家庭の下見訪問→判定会議
→導入教育→移行会議→在宅透析
(透析フロンティアによると)

今日気が付いたんだけどこの冊子の編集委員に私が行こうとしている
病院の院長の名が連なっていた。
元某大学病院の教授らしい。

|

« 電話した | トップページ | おっと »

②在宅血液透析 訓練前」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66896/3257820

この記事へのトラックバック一覧です: なぜやりたいのか:

« 電話した | トップページ | おっと »