« 大好きな歌は | トップページ | 話は盛り上がるが »

2005/04/11

受診してきました

行ってきました!夫と。透析病院の紹介状を持って。
先生は
「毎日やったほうがカラダにいい」
「介助者は誰か」「家は一戸建て?」「事故は一件もない」

とすんなり、話が始まっていくので
「あのあの・主人は透析のことを何も知らないのですが・」
と言ったら
「透析やるのはあなたです。全部、穿刺も自分でやります」
「ご主人はあとかたづけを覚えてもらえばいい」
(えー!そうなの?)
「訓練中、ご主人に来てもらうのは一回だけ」
(あーほっとした)

ところが!
「入院してもらいます。検査もいろいろしてもらう。」
「期間はあなた次第。早い人は2週間くらい」

あらま~思わぬ展開!やだなー入院!!
通いではダメなんだそうだ。がっくし。。
次男を預ける算段せねば。

Jの膠原病内科の紹介状はあってもなくてもいいみたいな言い方でした(笑)
移植登録のときも思ったけど、J以外の腎臓の先生って膠原病は関係ない
みたいな言い方をするんだよね。
ところがJの膠原病の先生は膠原病を第一に言うわけ
(あたりまえか)

あとは(その先生が編集委員長になっていた)
「腎不全を生きる」ってのを6冊渡され「勉強しておくように」と言われました。
(重いぞ、雨降ってんのに)

そのほかにも、お話はありましたが、大事なことはそんな感じで
次回(25日)は私が入院できる日(連休明けの都合のよい日)
を伝えるってことで帰ってきました。

まあ、この話を夫に聞かせることが出来たのは大正解!
私からの説明じゃ伝わらなかっただろう。しめしめ。
帰り道、夫に「これで帰りが、夜遅くなれないわね」と言ってやった(笑)
でもちゃーんと最寄駅で私だけ降りるとき
「今日はありがとうございました」と言える演技派の妻でした。

透析に行って、こちらの先生に報告。
婦長に「それじゃあ、この夏にはもう始まってるかも?」
と言われ、一同「おお~~!」
また緊張するぞー!

遅く行ったせいで今日のベッドは呆けて大騒ぎのNちゃん(ばあさま)
の頭近く。
動くからと抑制帯されて、うるさいからとガーゼを重ねたマスクをさせられて
透析しているのってどーよ!

ああ、この世界から抜け出したい~。

|

« 大好きな歌は | トップページ | 話は盛り上がるが »

②在宅血液透析 訓練前」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66896/3663384

この記事へのトラックバック一覧です: 受診してきました:

« 大好きな歌は | トップページ | 話は盛り上がるが »