« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/31

知ることは楽しいこと

今日は午後透析。3時間。何故3時間かというと
明日はJの血漿交換に行くので透析をお休みするのだ。

週12時間という原則があるため明日やらない分を今日と明後日
は3時間して帳尻をあわせるのだ。

今日は開始操作で新たに加わったことがある!
穿刺後、AとVの針の先の回路をつないだところにあるカンシをはずす。
クランプを開ける。ポンプ100、透析と進んだらダイアライザーV側近くの
スリーブにヘパリンを入れる。
はずしたカンシ2本は液面調節ラインへ。ダイアライザーはAを上にする。
流量は静脈圧と透析圧の指針が解除されているのを確認してから200
に上げる。(解除されていなかったら一括解除を押してから200に上げる)

と続きます。
なんだか文字にすると難しそうだけど繰り返していけば
できそうな気がする。回数を重ねるのみ。

透析が終わり片付けをしてから、ヘパリンを用意する練習を
しました。シリンジと針をつなげ、1.5mlの空気を入れ
ヘパリンを頭上に上げて吸い込む。慣れなくて空気が入ってしまうよ。
何度も練習!次回からはこれもやるようになります。

そんなこんなで病院を出たのが6時半。次男は3時間の一時ケアを
頼んだものの、私より先に家についていました。
玄関の電気もつけていなくてかわいそうなことをしました。

それから次男と買物に出かけ8時からご飯の支度!
夫は「雨が降っているから駅まで迎えにこい」と言う。
もぉ~。

きんぴら(切ってあるのを買ってきた)、おみおつけを作り、
アスパラの缶をあけ、トマトを切り
肉を生姜醤油につけておいてから車に乗り、夫を迎えに。
セーフ!

自分の勝手でこんな生活をしているので夫には
絶対に「疲れた」と言えません。
「充実してるなあ」と言い放つ私です(^^ゞ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/29

退院したよ!

やっと我が家のパソコンにたどりつきました!
夕べはベッドに飛び込むなり寝てしまったようで朝まで電気スタンドが
つけっぱなしでした。自分の家が最高!

病院では消灯後、携帯で書き(押し?)続けた。

書き足らなかったことはSF病院を卒業し「在宅血液透析」のフォローを
してくれる病院はどこか?ってことだ。
「在宅」を勧めるSF病院院長は私が持っていった
透析病院の紹介状に対して書いた返事の内容を読み上げてくれた。

そこには確かに
「機械のメンテナンス、緊急時の対応も含むコスモスさんの管理をお願いする」
と書き、それを透析病院に送っているのである。
そして、私も透析病院の先生から「返事がきたよ」と聞いている。
しかし「技士さんの仕事はSF病院がきてくれるんじゃないの?」と
言ってた。ヘンなの!

あの透析病院が私を抱えるとまず機械を買わなきゃなんない、
(1000万とか)
緊急時に対応できる体制にしなきゃなんない。
(私が透析するのは夜だよ。あの透析病院は夜間透析してないから
技士さん、いないよ)

SF病院の技士さんが透析病院の技士さんに電話すると
当然「そういう話は聞いていない」という返事だったそうだ。
「今頃、侃侃諤諤(かんかんがくがく)やってんじゃないの」 

それが私が入院した1週目の話だ。

そして水面下で?話し合いがあったのか、SF病院、院長の働きかけか?
2週目の金曜に「透析病院の事務長と技士、メーカーとで話し合いが
持たれ、コスモスさんの家を見に行くことになった」との情報が入った。

ふーむ。私が透析病院に「この度はよろしく」とアタマ下げるのか。

明日からは毎日通院です。帰りが遅くなる日、次男を鍵っ子にするか
一時ケアで預かってもらうか、そこもちゃんとしなくてはなりません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/28

つづき

そうそう、心胸比が48%になったとか。初めてだよ、50%以下は!今まで52とか53で気になっていたんだけど、いつも「これでいい」と言われ続けていたんだ。もっと落とせるらしい。もう2週目の課題はクリアして3週目のことに入っている。来週からは毎日通います。まだまだ続きます。ふ〜〜〜〜。とにかく退院しました!。現在、電車の中です。家に着いたら車で、また一週間ぶりにかわいい次男を迎えに行きます!(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12日目

入室して準備(プライミングはまだ)や消毒、穿刺、開始操作、記入など一連の動きはうまくいった(ホントは駆血帯をはずすのが遅れた)先生に「穿刺がうまい」と誉められ!看護婦さんも「開始の動きを見ても冷や汗をかかなくなったよ」と笑って言われた(^O^)
以前に静脈圧、透析液圧の解除と設定をすると書いたが、このコンソール(機械のこと)が勝手に設定してくれることがわかった。
今週は覚えることがたくさんで病室でもプリントを読んだり頭でシュミレーションしたりで忙しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/27

11日目

今日は午前に胃カメラ(T_T)これで3度目だったけど、なんだかJよりうまい?(笑)これで当分やらないで済んだわ。結果は少し荒れているということでずっと前と同じ。
午後は透析です。タッチパネルに気を取られ血圧計るのを言われるまで気がつかなかった。穿刺は出来て当たり前のように見られているよ。返血はまだ回してもらうが抜針は自分でやります。片付けも毎日やっているのに凡ミスしちまった。そしてまたプライミングの練習を続けます。これもパニくると吹っ飛ぶことがあり、いつも完璧とはいきません。汗だくで今日も、ちかれまし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/26

つづきの2

また床を濡らす(^^;でもまた昨日より随分理解できたと思う。マニュアル読んでもわかるしね。途中、笑っちゃったのは看護婦さんがわざと鉗子をひとつ、機械の上に置いた。それに気付かない私はプライミング中、あれれ?と焦ったよー!。鉗子は始めに6本そろえなくてはなりません!よくわかりました!ありがとう、看護婦さん(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つづき

先生が「何かやることは?」と聞く。「んー?」「駆血帯を緩めなきゃ」あららー。穿刺が終わるとホッとしちゃう。これで明日は新たに透析開始操作をするのです。ちょっとここで予習(笑)流量を100にして透析(タッチパネル)を押す。時刻を確認。体内に血液が戻ったら一括解除を押して200に上げる。一括設定を押す。テープ固定、血圧測定、初回の記録が続きます!
午後はまたプライミングの練習。新品を練習用に開けた物を何度も使う。あと一回やる!と、すでに自信満々で進んで行ったらーヘパリンラインに鉗子をかけるの忘れちゃったよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10日目

昨夜は隣のベッドに入院してきたおばあさんがぜんそく発作に苦しみ、私も眠れなかったよ。売店で耳せんを買った。入院するたびにコレ買っています。あまり効かないけどないよりいいか。お部屋は4人部屋だけど一人分がすごく広いの!冷蔵庫はない。テレビはカード式。みんなカーテンしてるから同室の人とは挨拶程度です。私は窓際なので外の緑も見られます。
さて今日は除水量も記入し穿刺前の準備をしました。他の患者の穿刺をしている先生を待ちます。そして今日もうまく穿刺できた!すぐ翼部分にテープを貼り続けて固定しようとすると

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/25

9日目

連日透析しているのに今日は初めての前日と同時刻開始だった。体重の増えは0。毎時0.2除水しなくてはいけない機械だから補液しなくてはならない・と思いきや、DW0.5下げられた。これで47.0キロだよ。どんどん絞られちゃうわ。
さて今日の穿刺は成功!もう新しく習うことだらけで書ききれません。メインはブライミングです。何回も繰り返して、ようやくわかってきました。もう床が水浸し!。穿刺より大事なことがたくさんです!マニュアルなんか読みたくないから(^^;ひたすら体で覚えます。今日が一番大変な日だった。明日はどうなる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/24

つづき

午後はブライミングの練習が始まりました。技士さんが「これは穿刺より難しい」と脅かす。ひととおりやってみせてから「はい、やって」はないんじゃないの?とにかく回路をはめ込みカンシをかける場所まではわかった。これから先が??。これから毎日、午前透析、午後はこれをやります。
下肢エコー(ドップラーというの?)では異常なしだったんだけど心エコーでは心肥大と言われてしまった。DWを下げるのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8日目

今日の穿刺はVを失敗してしまった(T_T)いつもの感覚だったので「入った!」と言ったがダメー。別の所に刺すも同じ。血がとれてなーい。先生曰く、深すぎたそうです。何故た〜。でもAは成功!落ち込む私に「先生だって失敗するんだから大丈夫」と励ましてくれる看護婦さんありがとう(^O^)
そして今日新しく習ったことは前後セットの綿球に消毒液を浸します。静脈圧と透析液圧をチェックする意味。除水計算練習(まだ簡単なもの)これから応用編はやだなあ、算数が(笑)あとは回路を教わりながら片付けておしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/23

つづきの2

なんと今日から私同様「在宅」の訓練のために入院された方が!40代の紳士です。いろいろお話できました。「在宅血液透析」、普及ちゅう!イエイ!(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つづき

テープの固定はVから(Aを先に抜くので)。透析中、体温を計る意味は、ダイアライザーを通る透析液にばい菌が入ると(水がきれいでないと)同じ透析液を使う患者たちの熱が上がる事態が考えられる。
1時間経過時の血圧測定やパネルチェックの記載もやりました。全て終わってから片付けを見ているようにと。今日は見てるだけ。明日からは技士さんに教わりながらやります。残った透析液をドボドボと捨てます(酸っぱい臭い)ゴミは決められた所へ。新しいことを習うのは楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7日目

今日も穿刺がうまくいきました!が・・Vの針の表と裏(という表現でいいのか)を間違えて刺していたと透析が始まってから指摘された。あららー。見ていた先生、技士、看護婦もわざと言わなかったんだって。「病院ではたくさん間違えて下さい」とのこと。
今日、初めての作業は先にテープを切っておいて回路を固定する。これに悪戦苦闘していると看護婦さんに「穿刺より難しそうに見える」と言われた(笑)。穿刺部の上にガーゼをあてておく(保護のため)ホントは自己穿刺という偉業?をやった証を見つめていたいのよね(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう今日が終る

なんだか忙しくて、今日が終わりそう。予習も復習もしていないぞ。

これまで書いたの、読みずらいねー。本人は懸命に親指を
動かして書いたんだよん。いつか、ちゃんとするわ。

メールの返事できなくてすまん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/21

6日目

外泊のため家に向かっています!今日の穿刺も出来ました!!まだゆっくり進むので刺した瞬間、血がじわーんと出てきますが後は血管の中をすーっと入って行く。抵抗がなくなる感じかな。「穿刺good」と書かれていた!
体温や血圧、体重測定と記入をおさらいして今週の授業(笑)はおしまい。
来週はテープの固定、パネルチェックの記載、除水計算練習、回路の片付けです。プライミングも教わり始めるみたいです。楽しみだわ。穿刺もまたうまくいきますように!
夕方、ショートステイに預けているかわいい次男(笑)を迎えに行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/20

つづきの2

今回、わかったことだが鉄針というものは刺したら絶対に腕を動かせないと思っていたが(だってJの血漿交換ではそうしている)動かしても平気なのだ。なーんだ!だから今まで通り起き上がっていてもOK。それに私の穿刺部位が肘の内側だから腕は曲げられないとも思っていたけど少し手首よりなので、大丈夫。今までのキャス針とかわりありません。ほっとした。明日も頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つづき

先生、看護婦さん3人、技士さんが見守る中まずV!ゆっくり進むと血がドパーと出るが血管をとらえて針を進める。血が取れてる!次はA!考えていたとおりの順序で刺せた!やった、一人で刺せた!!痛くない!手早くつながれ透析が始まった。300+200。「よかったー」と叫ぶ\(^O^)/看護婦さんたちも「緊張して汗かいた」と喜んでくれた。涙ぐんじやったよ。透析中は興奮して眠れなかった(笑)
つづく  私の携帯、文字数の制限が。読みずらくてすいません。いつか編集するつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5日目

午前中は首の動脈血管をエコーで調べるというのをやった。異常なし。シャワーを浴びたりするも、午後の穿刺に向けてドキドキ。血管とにらめっこだ。
透析室に行くと手作りの練習台が用意されていた。自分の目から見る血管の走行と先生たちから見る走行の感じ方が違うのがわかる。これに針を刺してー練習練習。今日は肘の内側2つのうち、もう一つをVにしてみたい。こっちの方が腕に沿って真っすぐで良さそう。Aは昨日、刺した所より5ミリ位手前を刺せば先の曲がりに達しないだろう。つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/19

つづき

人が自分に刺しているのを見ると簡単そうだが自分でやるのは難しい。看護婦さんたちは「まずは自分で刺せるんだからOK!刺せなくて止める人もいるんだからすごいよ!大丈夫!」と言ってくれる。看護婦さんて優しいなあ。笑顔で他人にこんなに親切にしてくれるんだもん。
穿刺後は疲れてしまって血圧測定以外は眠ってしまった。そして今日も止血、消毒、カットバン貼り、血圧測定シャント音確認、記入等すませて終わり。しばらくこれが続きます。明日も頑張ります。検査は胸部CTや骨密度をやりました。あとはすることがないので暇。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4日目

今日は午前の透析。DWより−200。さてさて2度目の穿刺です。こうやってこう・と考えたり本物の針(鉄針)を昨日の管に刺してみたりしてその瞬間を待ちます。自分の血管を触って走行を確認。またみんなの注視の中、針の羽の部分を持ちVに入っていったが・・血がとれない?先生が針を少し抜いて血管に収めた。次はAだよ。血管はもっと深かったようで、浅いとこをついてしまった。痛い痛い!またもや先生が直すー。ダメじゃん。見た目、血管が盛り上がりそこにあるって感じなのに実際はもっと深いようだ。血管を刺した感覚なんてわからないよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/18

つづき

そしてそして穿刺の瞬間がやってきました!先生は「大丈夫、大丈夫」と言う。まずV側を先生が手を添えてブス!ムムム。A側は一人で!注視の中「行きます」と言って針を突くも入らない。次は力を入れてみて・入ったところで先生が進路を変えていれた。。もう一度やるというわけにいかないのでまた明日!
止血の消毒をしている頃、透析室に夫が現わる。看護婦さんが血管のようなビニールの管を持ってきてそれに刺す練習をしていたら夫が「やめるなら今のうだぞ」なんて言う。 もおー。 −200で終わり。汗かきまくりー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3日目

朝、待ち合わせの場所に行くと新人の男の子(技士)2人もいて私と計4人で駅近くのマンションに向かった。「在宅」の彼に部屋を見せてもらう。6畳くらいで透析機、ROという水をきれいにする機械、透析液が入ったタンク、小物を置く棚が並んで、それとベッド。まだ余裕ある広さ。洗濯機の水道の所から水を分岐して隣の部屋までもってきている。排水も同じく。もう一つの部屋は届いた段ボールが放りこまれていた。
もし、このブログを「在宅」の彼が見付けてしまったら・勝手に書いてごめんなさい!m(__)m←こればっかり。つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/17

つづき

技士さんが明日、彼の家に機械の点検に行くので「コスモスさんも実際の部屋を見たらいい」と言ってくれたので一緒に行かせてもらうことになりました。明朝6:45に駅改札で待ち合わせ!それに午後は自己穿刺の一日目!まだまだつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2日目

今日はDWより−200。初めて補液しての透析をした。なんたって前の透析から一日もたってないんだよ!本日の課題は昨日習った手洗いが確実にできるか。清潔操作で穿刺部と止血部の消毒ができるか。これらは合格(^O^)そして!「在宅」をやっている青年が2週に1度の検査&透析で私の隣のベッドにいたのです!自己穿刺を見ました。グッと刺していました!何でも質問していいとさわやかに言ってくれました。お話を聞いているうちに不安になったのは電気の容量。うちは50Aあるけど夏はブレーカーが落ちることが度々。そこに透析回したらまずい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/16

初日

夫は私を送り、帰ってしまいました。「在宅」の病院のことは、これからはSF病院と書きます。説明を受けて2時頃に透析室に呼ばれた。
さー始まったわ!月水金は午後、火木土は午前。連日2時間透析。除水量は600+200。
若い主治医に挨拶する。刺す所を診てもらったら3ヵ所あるがそのうち2つは肘の内側なので曲げられないとこ。本当はもう一つありそうだったんだけど今日の穿刺で先が細いことがわかり自己穿刺に向かないと言われ却下。透析中看護婦さんからたくさんの教育用プリントをもらい説明を受ける。つづく。後で編集の可能性あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院前夜

昨日の記事の写真は、どこぞの会社のHPから持ってきたのです。
いくら私でも!あんなには、パクれません~(笑)

○○ちゃんに「入院します」とメールしました。
その返事。
「早く在宅を始められるといいですね。訓練は大変でも
在宅がいかに良いものかがきっと分かると実感できる
様になると思います。楽しみにしていて下さい。
色々と大変と思いますが頑張って下さい。」

と、エールを送られました(^^)
○○ちゃんがあとでこのブログの存在を知ってこれを読んだら・・
すみません!無断転載してます!m(_ _)m

みんな応援してくれてありがとう! 緊張する~~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/14

シュミレーション

0103B
問題は穿刺だな。
鉄針なら一人で出来そうなのはわかる(怖い)
でもkropさんとこで知り合った、在宅やってる○○ちゃんは
私に送ってくれたメールで、「一人でキャス針を刺している」と書いている。

「慣れれば出来る」と言う。
(透析病院からパクッてきた)キャスを片手でやってみる。
←腕に何か巻いて針を突き立てる(笑)
できない。。刺したあとどうやって内針を抜くのか?
右手が大きくなきゃだめだよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最終透析日

今日の体重の増えは1キロだった。
なんでかなー。

婦長が「最終透析日」と書いていた。
「入院先に透析条件等、ファックスで送っておくのが透析室の仁義」
だそうです。
「すべてよろしく」ということで、「最終透析」が始まった。

看護婦さんが「覚えてきて、家の準備ができるまで、ここに通うんじゃないかしら」
と言っていた。私もそんな気がする。

途中、技士さんにひとりでする返血はどうやる?と聞いたら
「自動返血」の機械があるんだよと言ってた。

今のは終了を押して生食を解放してやってA側に送る。
流量を100くらいにしてV側に生食を送る。

くけつ帯(字が?)や止血ベルトもひとりでできるようなのが
あるんだそうだ。

途中、Jの医者が回診にきて「最終透析日」の文字を読んで驚いていた。
今まで、言わなかったからね。
入院して覚えると言ったら「名古屋ですか」だと。

「在宅」は名古屋がメッカか・・

ロッカーの荷物を持って事務所、薬局にあいさつし、婦長に
見送られて病院を出た!
とうとう、こういう瞬間がきたわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/12

テレビ番組で

何週間か前だったが、家で「おもいっきり生電話」←タイトル合ってる?
見てた。
この時の相談ていうのが50代の主婦からで「62歳?の夫が浮気してる」という
よくありがちな(笑)話、と思いきや!

夫は透析していて相手は透析病院の40歳の看護婦というのだ!

司会の、み○が「病院を変えたら?」と言うと「もう二十何年も通っているので
変えられない」と言う返事。

おお~~二十何年もやっていても元気やなあ~~。
と、一種、感動してしまった。(相談者の意に反して)
よっぽど素敵なおじさまなんだろうなあ(爆)

ゲストのアドバイスは忘れてしまったが、み○が言った
「透析してんなら、自分の体のこと(だけ)を考えていればいいのにね」
は、よく覚えてる。

もちろん不倫はよくありませんよ(笑)
でも、「体だけ心配してろ」って、それじゃあつまらない人生じゃありませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/11

うるさい

喉がヘン。家でもスカーフを首に巻いて、すっかりおばさんスタイル。
(トシには勝てません)

透析中、またGがワケわかんない事で婦長とやりあっっている。
これを私の頭の先でやられるのだから、たまらない。
Gとはもう会わないだろう、「うるさいなあ」と言ってみた。

聞こえなかったらしい。

月曜の検査結果 P4.2←まぐれ! K5.1 Ca8.8 Ht30.8 Fe42(低い)
           Cr6.90 BUN87.5
           総蛋白6.6 アルブミン4.3


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/10

4週間ぶりの

連休があったので4週間も開けてしまいました→血漿交換

が、その前に「次男の作業所の保護者会の歓迎会」(長い!)もあり
茶碗蒸し・煮魚・お寿司・てんぷら・と続き、ビールもコップ2杯を
遠慮がち?に飲み・・次はデザートかしらと期待していたところで
時間切れ~(涙) 病院に向かいました。

尿検査・採血にアルコールはでない・よね?

「在宅」の先生からここにも返事が来たそうで、私が16日から入院て
ことはご存知でした。

新しい室長になった先生が回ってこられたので「在宅」のことを
言うと、「話には聞くが、身近にいないので、こちらが教えてもらいたい」
と言われました。

私が教えるなんて・照れるなぁ(^^:;
というわけで次回の血漿交換の日は入院して様子がわかったら
電話で予約するということになりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/08

携帯からテスト

携帯から書き込んでみました。

というのも初めての病院に入院するわけで「入院案内」を読むと
消灯後のパソコンはダメ。インターネットをしてはいけない。

ってアナタ!この時代、入院中パソコン開けてたらネットでしょう!
知らん振りでAirH゛でつなげちゃうか・隠れて携帯か・悩む(笑)

それで、4月25日に起こった電車事故のこと。
こんなことで命を・一瞬のうちに命を亡くし、家族を不幸のどん底の落とした
のは理不尽でJRの罪はとても重い!!!

が・・マスコミに言いたい。初めは遺族を追いかけ、私たち視聴者の涙をさそった。
今度はJRの不祥事の報道ばかりだ。遺族に「どう思いますか」と
マイクをつきつけ、涙のあとはJRに対して怒らせている。
視聴者にウケようとしている。

社員をかばうつもりは毛頭ないが個人の休みまで、どこにも行かず
じっとしていなきゃならないのか。

それに会社もおかしい。マスコミに追求されるがままに社員の行動を
謝り、組合側は会社の体質をあげつらう。

そんな話はもういい。聞きたいのは原因の究明とこれからのこと。

マスコミもあと75日も過ぎれば?何も言わなくなる。書かなくなる。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/07

違ってた

手のひらのぴりぴりのことを先生に言ったら・・
シャントが育って掌の血流がよすぎる!!
(前から左手の掌のほうが肉厚で赤いと指摘されていたが)

これくらいは許容範囲なんだそうだ。これ以上、進まないように願うのみ。
合併症でなくてよかったよ。でもこれも心配だ。

そして「在宅」の先生からのお手紙の内容は
「2週間の入院。その後、毎日通院。入院中に病院のテクニシャンから
連絡がある」というものだったそうだ。

「機械のメンテナンスは出張してくれるんじゃないの」と言う先生も、
わからないんだから私がわかるはずもない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/06

手根管症候群?

最近、左手のひらがビリビリするときがある。
これが手根管症候群なのか、とうとうきたか?!合併症。

めずらしく夫が3連休だったので忙しかった(笑)
私もここぞとばかりに「家事をやってる姿」を見せちゃうんだよねー。

子どもが小さいうちは、毎年の連休は夫の実家に行っていたけど
今は全然・・。楽になったものだ。

このまま今日が終ってしまうのはもったいないので
早めに夕飯の用意をしておいて、一人で近くの市営プール
(隣の市)で泳いできました。
ここは障害者は無料だと知っていたので手帳をさしだすと
じっくり、見られちゃったよ。「リハビリですね」だと。
「そうです」と言って入場。

コースロープで仕切られた所では、みんな泳ぐ泳ぐ泳ぐ・・
まるで回遊魚!!スタミナあるなあ。
もういつものペースじゃないよ!おじさんたち早すぎ。
私は時々、プールの角に張り付いて休みながらね。

そこではクロールしか許さん!てなムードだったよ~。
1時間で1500mくらいは泳いだ。気持ちよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/03

風薫る

夕べは遅くなった夫を迎えに、蒲田止まりの最終を迎えに行く。
午前、1:09かな。もお~~眠いのにぃ。
「オールナイト ニッポン」は西川貴教でした。

でも夜中の道路はすいていて蒲田まで10分くらいで着いてしまうのが
おもしろかったりする。
環8が、がらがらなんだな。蒲田駅前はまだまだ人が多くて気をつけないと。
車内は会話もありません(笑)

風薫る5月!おじいさんは、洗車。あばあさんはシーツ、布団カバー洗いを
しましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/02

こぶ

おとといだったか、トイレの便器から立ち上がろうとして
何故か、ドアノブ(丸いんじゃなくて、グリップみたいの)に
思いっきり、頭をぶつけてしまった(爆)

今日になってそこが膨らんでいることに気づきました。
こんなバカな話は誰にもできないのでここに告白します(爆)

それで、今日の透析室で思ったこと。

スタッフと仲良くなると、気が緩んでミスが多くなるってことだ!
お互い緊張感がなくなって入室と同時におしゃべりが始まる。

最近、透析の機械が右シャント用なのか右に置いてあるベッドに
通される。

そこで看護婦は、いつものくせで機械とは反対側になる腕に血圧計を
巻く。。そこで自動のスイッチを入れてしまう。

おおそっちは私のシャントのある腕だっちゅうの!
そんなことが今日もあった。。

それから回収時に「あっ、手袋するの忘れた」
全て終ってから「エポジン、入れるの忘れた」「今度3000入れるから」(毎回1500なので)

そして・・今日は「在宅」の先生からこっちの先生にお手紙が来ている
と、看護婦が教えてくれた。(紹介状の返事だな
何が書いてあるんだろ?
回診に来たら教えてくれるだろうーと期待していたのに・・
手術着で歩く先生を見たきりで、その後も現れなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »