« 返血操作 | トップページ | 異常時の対応 »

2005/06/03

穿刺失敗

穿刺時だけは先生が見ています。

毎日、1~2ミリは刺す位置を変えています。
Vの穿刺の感覚がちがうな?と心配したら血液の逆流も
あったので良しとして、Aを穿刺。こちらはきれいに入りました。

いつもどうり、ポンプを100にしてピローのふくらみを確認。
(Aはとれている)
しかし!静脈圧が100以上にあがって行く。

「深すぎた」と先生が言い少し針を抜いたので「私がやる」
とそこからもう一度、刺す!「んんー?違う」
結局先生が納めてくれました。
ドッキリ。

これ以降はあとから看護婦さんに聞いた説明(^^:;

静脈圧が上がっていったので流量を下げた。そして透析ON!
バイパスもON!
その間に針を修正(抜かないで)修正した瞬間は0にした。
透析ON!
その後流量を上げながら静脈圧を上げていく。
200までもって行った。

うへー!こういう異常時の対応は失敗したときでないと
学べないので貴重です(笑)

あわてないであわてないで。

|

« 返血操作 | トップページ | 異常時の対応 »

③在宅血液透析 訓練中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66896/4396994

この記事へのトラックバック一覧です: 穿刺失敗:

« 返血操作 | トップページ | 異常時の対応 »