« 義経 | トップページ | さらにアバウト »

2005/06/21

アバウトな病院でした

T病院に行ってきました。
70年代フォークソングでも歌いだしそうなヒゲの(小室等みたいな)
T先生はニコニコと迎えてくれました。

SF病院の紹介状の中に看護婦さんの自筆のお手紙があって
何気に覗いたら「やる気がある、理解力がある、よろしくお願いします」
みたいなことが書いてあった。ありがとう、看護婦さん。

が・・・「連日透析は保険の審査が通らないから週3、週4を交互に5時間づつから」
「SF病院みたいな大きいところは審査が通る」
なんて言うのだ。え~~がっかり。。

「今日、これから透析4時間やって、明日から火・木・土曜日にやる」ことになり、
あわててSF病院の看護婦さんに電話で説明。
「先生に言っておく」そうだけどどうかなあ。

きれいな透析室のはじっこで始まったのは11時。
すでにプライミングしてあった。
消毒の前後セットはなくて、シーツの上に大きなアルコール綿とガーゼが
一つづつ。これだけ?
みんなの注視のもと穿刺。うまくいった!
針は18G!細い!痛くない!(笑)
機械は古そう。回路もちょっと違う!Aチャンバーの液面調節ラインがない!
生食下の回路にAの返血用らしいラインがある。へんなの。。

それに!1000mℓのうち残り300だけ返血用に残してある。
う~む、プライミングで1000は使い切りたいのだが。

T先生は「お腹がすくから出前でラーメンでもとれば」なんて言う。
(本気ー?)
結局、ヘルパーさんにお弁当を買ってきてもらうことに。
超豪華だったので重さは800グラムもあった。
でも引くのは500にしとこうねと技士さん。(全部食べました)

40床くらいの椅子式の透析室でした。おおこれがそうか~。
慣れないなあ。

記録のつけ方など習いました。
これって全国で統一してくれないかなあ。
施設ごとに少しづつ違うんだよね。

透析後、改めて診察、検査などなど。

ここは前のところより家からは近いんだけど交通手段がない。
「車で来ます」と言ったら、事務長さんに病院が借りている
近所の駐車場に案内されて、「ここに」と番号指定。
狭そう~。

T病院は透析患者に駐車場まで用意しているんだな。
でも消毒や生食をケチっているぞ(爆)

いいや、ずっと通うわけじゃないから。

|

« 義経 | トップページ | さらにアバウト »

④T病院に通う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66896/4641123

この記事へのトラックバック一覧です: アバウトな病院でした:

« 義経 | トップページ | さらにアバウト »