« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/31

生食は砂時計

透析室に入ると体重測定、手洗い、消毒の前後セットの用意、
ヘパリンの用意、月、金曜日だけのエスポーの用意、アルコール綿
の用意をしてプライミングにとりかかります。
(これは自分で考えた順序)

プライミングも慣れてくると私には一つ賭けが出来ました。

生食がVラインを流れはじめ、流量は100で1000のバッグが
流れ切るまで(正確には針先まで満たす分の50くらい残します)
に、ダイアライザーにカプラーをはめ「準備」を押し、穿刺したあとに
回路を固定するテープを切っておく、除水の計算・入力をする、
記録にも書く、透析前の血圧を測る、記入、必要なものを所定の位置に置く、
などを済ませるのです。

生食のバッグの残りの量を気にしながら準備を進めます。
そして今日は!テープを切らしてしまいましたー。
急いでテープをとりに行ったりして時間をロス。
間に合わなかった(笑)

1:30入室、2:00穿刺が目標ね。でもあわてないあわてない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/30

また血しぶきが

毎日、穿刺する場所を数ミリずつずらして刺しているのですが・
今日はV穿刺の場所でここが限界という一番下あたりに刺す!
ゆっくり刺したせいか、新しいところ(私の私見)のせいか
またプシュッと血が飛んだ!なまあたたかい!
顔と首とシーツの上に血が点々とまるでホラー映画(笑)

キャス針でもそうですが鉄針も先の方に穴があってそこから出る
そうです。血の臭いも感じちゃったよ。
また技士さんに顔を拭いてもらった。いつもすいません~。

もしこれが家だったら、夫は私の顔を拭いてくれるだろうか?
修羅場に腰ぬかしたりして(笑)

毎日透析やってると(暑いせいもあるが)体重が増えない。
←尿も出る。2時間なので透析中に食事もしない。
このコンソールは最低一時間当たり0・2は引かなくてならないので
返血を200足しても、プラス0.2以上にしていかなくては
補液するはめになる。

看護婦さんが「ベッドで何か飲んでもいいのよー」と言うので
早速100%ジュースを持参。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/29

紙のタオル

導入から5年間通っていた透析病院の「血液透析記録」には
前日の飲水量と尿量を書く欄があって、毎回申告しなければ
ならなかった。
そんなのいちいち計ってないから、いつの日からか聞かれると
「知らなーい」と言ってすましてた。

でも新人の看護婦さんにはこれが通じなくて(笑)
「コスモスさんの新人いじめ」とささやかれていた←うそです。
この頃はよその施設を知らないから、こんなものかと思っていたけど
違うんですねー。飲水量も尿量も聞かれませんよ!

それからT病院のことですけど、生食や消毒をケチっていたのは書きましたよね。
ホントはもっと重大なことがあったのです!
それは!透析室の流しにペーパータオルがなくてタオルがぶら下がっていた!!
スタッフは同じタオルで手を拭くんですー。
ばい菌のたまり場です( ̄□ ̄;)!!

そこまでケチるか!
それでいて患者の目に見える、通院バスや病院近くの民間駐車場を
用意してるんですよねー。
エコーなども必要な患者にしかやらないと言っていたし。
椅子で透析を受けることも、単に患者を詰め込むだけの意に思える。

今は普通のベッド(透析用の狭いやつではない)で自由に動き回れる?のでよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/27

透析記録

今日は暑かった!!とうとう本当の夏が来たようです(泣)
久しぶりの青空!夏なのに富士山がうすーく見えたのでびっくりした。

今日はSF病院へ初めて車で行ってみました。暑いから~。
混んでいるところがあったので1時間かかりました。
電車で行くのと同じ。

で、帰りは高速に入り、ベイブリッジを渡る。ビュンビュン走る♪
が、高速を降りたとたん、渋滞にはまりました。。
もお~~。

透析記録の話はまたあとで(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャント回しはしない

16G(ゲージ)の針のせいか針穴の傷がいつまでも残る。
毎日、数ミリづつずらすので跡が点々と直線に並ぶんだよね。

皮膚がやわらかいところもあれば「固いー」と叫びながら刺して
いることもある。我ながらよくできるよ(爆)
人がやっていたら正視できないだろうな。

今日、私とおしゃべりする係り(笑)の看護婦さんが言うには
「家でシャント回しをするはめになるのは、めったにないこと。
だからあわててしまって危ないことになるよりは、もうその時点で
やめる(止血する)」「そして組み立てなおしてやり直した方がいい」
と言う!!わあ、よかった(^^)

「在宅」での消耗品(消毒や針)などは検査に行ったときに持って帰るそうだ。
一ヶ月分でダンボール一個。
ダイアライザーや回路、生食、透析液などは配達してくれるんだって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/25

今日は人身事故で

電車が途中の駅でストップ!(帰り)中華街を駆け抜け元町中華街駅にたどりつきました。疲れた。女性専用車両だと。つづく

↑はみなとみらい線の車中で書きました。
市営地下鉄にすればよかったかなあ。まあ、どっちも歩くんだわ。
そこで初めて女性専用車両なるものを見た。もちろん乗った(笑)
知らないで乗ってしまったオトコのグループに非難の眼差しは
かわいそう。

今日の透析は静脈圧センサーに血液が入ってる!
(ホントは看護婦さんが先に気づいた)どうしようー。
シリンジをつけて空気で押してもらった。
ふーやれやれ。Vチャンバーの液面が高かったのかセンサーの
接続が甘かったのか。。

V穿刺は今まで刺していたあたりから、さらに下も刺せそうな血管になって
きたので思いきって刺す!(技士さんつきで)
また血が飛んだ!首とパジャマの胸に血が点々とついた~。
新しいところを刺すと血しぶきになるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/23

透析室が揺れたよ〜

電車ストップです。ただ今、振り替えのバスで横浜駅に向かっています。その先はどうする? つづく

はいたどりつきました。疲れた・・
あの時間は透析が4:10頃終って止血と片付けも終って、無記入の
記録用紙に月曜の日付や名前やDWなど書き込めるところを書いていたのです。
グラッと大きく揺れました!!びっくり~。
怖かったけど透析室でみんなといるのでよかった。

透析中の人も大丈夫でした。
すぐドクターが集まってきました。早いなあー!
「5階はすっげー揺れたぜ」 えっ先生、5階から1階まで階段を駆け下りてきたの!
「手術が終っていてよかった」と言う先生もいました。

看護婦さんがテレビをつけると「震度5弱」と言っている。
おお、これが震度5弱か!

駅に5時頃着くと「電車は止まっているからバスに乗ってください」とアナウンス。
横浜行きの市営バスの長蛇の列に並らぶ。この頃ようやく携帯がつながった。
家族の無事を確認した。やはり次男を地域活動ホームの一時ケアに
預けてきてよかった!
本当はひとりで留守番できるからキャンセルしようかとも思っていたんだ。

横浜駅がこんなに遠いと思わなかった(笑)でも途中から座れてよかったよ。
さて、横浜駅に着くと通路は人だらけ。
頼みの京急は動いてる!えらいぞ京急!!しかし入場制限で改札前で止められる。
ようやく乗って帰ってきましたとさ。次男と家に着いたのは夜の8時。

さて千葉にいた夫は22:30ころ動き出した電車に乗ったものの
いつもなら1時間のところをのろのろと2時間かかり駅に着く。
もちろん、迎えに行きました。

もお~JRさん頼みますよ~~。

みなさんのところは大丈夫だったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/22

うまくいきました

今日はうまくいきました(^^)
自信があったAなのでまた失敗したら~と穿刺するときはどきどきでした。

技士さんから「8月3日に家を見に行く」と言われました!
技士さん、東レの営業の人、配送会社の人が来るそうです。
そこで私が「機械をここに置きたい」と言って配管する場所とかを
決めるらしいです。(掃除しとかなきゃ)

そして、工事!(いくらかかるの~)
機械が病院に届くのは9月にずれこむような模様。
調整して我が家に届く!やったね!←まだだよ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/21

A穿刺失敗

20050721194723
三男が冬から夏の国へ帰ってきました。
ホストマザーが持たせてくれたお土産。中にメルボルンのおしゃれな写真集とカードが入っていました。

さて今日の透析は初めてAを失敗してしまった.
油断大敵。
入ったと思ってポンプを回し始めたら、出てこないー。
ポンプを0にする。針先をいじるもダメダメ。

針を抜いた。Vからは血液が出てるので体内に戻さねばとVチャンバー
を揉んだが、それくらいじゃ戻らない。
技士くんがポンプを回して生食で流してくれた。
ありがとう。家では一人でやらなきゃね。

再穿刺はうまくいった。
はじめてのA穿刺失敗でどきどきした~。病院で失敗できて
(経験できて)よかったとしよう。
このドタバタを聞きつけた(笑)看護婦さん曰く
「失敗は仕方ない。失敗してもあわてないで対処すること」
はい!頑張りまっす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/20

今度こそ

photo_1-5
この機械をうちに入れることになります。右側のが個人機です。

今日、初めて「気泡」の警報と遭遇。
ブザー停止して目視で気泡は確認されない。
検知器がロックされたので気泡スイッチを「切」にして「透析」を押す。

異常はなかなか起きないので貴重な体験?
ヒマなのでパネルをいろいろ押していたら元の画面にならない~(笑)
技士さんに助けてもらったよ。

それから!!我が家に光がやってきた。
TEPCOひかり。早いゾ!(^0^)V

| | コメント (0) | トラックバック (0)

透析中は大雨でした

今日は手際よく準備ができたので入室から30分で、さっさと穿刺して
始めた。ちょうど午前の人が終る時間なので私どころじゃない。
いいの、いいの。放っておいて(笑)

技士くんが消毒を教えてくれた。
ピューラックスは毎回、酢酸は週一回。セットしてボタンを押すだけ。

2時間は早いね。

今日は止血クランプを写真のようにはめるんじゃんくて外からはめた。
(わかるかな)
そのほうが邪魔にならないと思って。
はめたまま、抜いた針の始末など片付けをしてみる。
そうしているうちに血も止まっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

新しい止血クランプ

20050718_2248_0000
かわいそうな腕(^^:;  あとで

暑い暑い!!止血クランプを受け取りにT病院へ。
この前、挨拶していない看護婦さんに
「せっかく、こっちの機械を覚えたのにねー。ナニ?保険の関係なの?」
と聞かれました。
「ええ、まあ」と多くを語らず去る。事情を知っている看護婦さんは苦笑。

SF病院に着いても昨日の花火(見ていないが)の疲れと暑さでポー・・
止血クランプを見せたら「100均みたい」との声が。100均・・言えてます(笑)

使ってみたら。前のよりは簡単装着。バネは強くはないから一点だけ
押さえたいときは困る。大きくて邪魔くさい。
でもそっとはずしたら、止血できていました。
しばらくコレを使います。なんせ6600円(笑)

夜はオーストラリアの三男から一ヶ月ぶりの電話。
一時間もしゃべるしゃべる。この人、今週には帰ってくるんです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/18

まぼろしの花火大会

17日日曜日。
義兄のプレジャーボートに乗って横浜の花火を見に行く!
・・つもりで係留してある一之江というところへ次男と行きました。

義兄、甥が準備している間に、桟橋で姉と私はビールで「かんぱーい」
涼しくて気持ちいい!
そして出発。河口に向かって飛ばす。「きゃっほー♪」
ハンドルも握らせてもらって愉快愉快。

ディズニーシーを左に見て東京湾へ入ったが・・ん~~
エンジンから白い煙が!漂流か!? 船は揺れる揺れる。

結局、川を上りひきかえしましたとさ。故障です(ふるいから?)
今度行くときは「ぷかり桟橋」で待ちたい。←花火の日は無理(^^:;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/16

透析液

練習中(今も練習中だけど)の透析液は家でやるのと同様、
ポリタンクから原液ラインをつないでいました。
これからは「在宅」になるまで他の患者さんと同じ透析液を使います。
こちらの方がカルシウム濃度が低いそうです。
6リットルのA・B液は2時間透析では少ししか使わず
残りは捨てるの。もったいないね。

Aの穿刺場所を変えたら内出血の予感。血管壁にあたって痛いとか
なかったのに・・またしばらく腕を隠したい・・夏なのに。

技士さんに駅から我が家までの地図を渡した。
東レの営業さんや配送会社の人と下見にきてくれるそうです。
早く来てくれないかなあ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャント回し見たよ

血漿交換後、透析室で花散る里さんの穿刺を見ていた。
(ドクター穿刺)V針が進まない様子でした。流量100を超えると
静脈圧もどんどん上がってしまう。
技士さんに代わるもうまくいかない・・
そこでよばれたのがベテラン技士さん!血管を指で探ったら
さっと穿刺してさっと去っていった。
カッコよかった(笑)

花散る里さん、コメントをよろしく。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/14

止血クランプ

20050714_0701_0000
今使っているのはこんなのです。これが針を抜いた状態と思ってください。

今日はなつかしの(笑)回路と東レのコンソール←もう伏字はなし。
針は16G!やっぱ太いわ。
V穿刺、また血が飛んだよ~!前よりは少ないけどまた技士さん(オトコ)に
顔を拭いてもらう。(日常じゃありえん!)
パジャマの胸にも血が点々と。「元気いいねえ」と言われました。

SF病院の透析室好き~。もう一生ついていきます!
5年も通った元の病院には戻れず、T病院とは合わず、回り道したけど
結果オーライじゃん!!

透析室長の先生に「またよろしくお願いします!」と挨拶したら
「こちらこそ」と返してくれた。また好きになった。

明日はJへ血漿交換に行くので透析はお休み・・ということは
今日とあさっては3時間の透析です。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/07/13

お盆は忙しかった

こちらでは今日からお盆です。

午後からSF病院の院長に会いに行きました。
患者の自己負担が発生することや、検査の頻度が少ない、
フォローがなくて心配だと訴えました。

先生は「在宅管理料の8万円は機械のリース料に消える」とか
「規模の小さな私立病院だと儲けはない」と言っていました。
それよりも「連日やれるのか?」と気にされていたので
「確約はされていない」と答えました。

結論。「明日からSF病院で毎日2時間透析!」
「T病院には電話しておく」
そうなんです。出身校?に戻るのです。

じつは「あのあの・在宅になったらもちろん連日やりますから
今は週3回じゃダメですか?」と聞いたら(笑)
「だめだめ、透析は連日だよ!」と言われました。
そして「技士が月一回、メンテナンスに行くときの交通費はもらうよ」
というので「はい!もちろん!」

それから「機械は(家に入るのが)8月末になる」とその場で言ってましたから
今日の私のことは、初めからそのつもりだったのかしら。

ありがたい話なんだけど、これから8月末まで
毎日通うのはコンジョーいるわ。でも頑張ります!

透析室にも寄ってごあいさつ。

それから急いで帰って車に乗り、
警察署へ。「駐車禁止指定除外」の期限が切れていたので申請。
(これは土曜日、次男を地域活動ホームに預けた後、駅近くに路上駐車して
SF病院へ行こうとする魂胆)
図書館に本を返却(しばらく行けないだろうから)
そしてT病院へ荷物を取りに行く。

「明日からSF病院へ行くことになりました。短い間でしたけどお世話になりました」
とスタッフひとりずつに言ってきました。
みんなはもうT先生から話を聞いていたみたいで(どう言ったんだろ)
よく話をしてくれた看護婦さんは「一番納得できるところで透析を受けた方がいい」
と言ってくれました。
技師さんも「在宅になったら家を見せて下さい」「はい、どうぞ。連絡します」

と、みんなにアタマを下げて帰ってきた。

次はAさんに電話。
「よかったわねー。あなたは透析が5年という、いいときにやれてよかった。
ホントはT病院にももっと在宅の人が増えたら、みんなでT先生に訴えたかった」
と言われてしまった。

迎え火をし、夕飯の支度をしてたら電話がなる。留守電なので放っておいたら(笑)
「T病院です。注文していた止血クランプが入ったので取りに来てください。
ふたつで6600円です」
ぎょー、そんなに高いの!ショック。

東○の機械の操作と回路を思い出しておかねば。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/12

血しぶきが

今日のV穿刺は前回のところの数ミリ上。普通に駆血帯して
刺したんだけど、なんとプシュッと顔に血がかかった!
話には聞いていたけどホントにやっちゃった。
技士さん(オトコ)に顔を拭いてもらう(笑)締めすぎ?と言われた。

A穿刺はもっと吻合部に近い、太いところに上向きで刺した。
開始操作してたらヘルパーさんが床を拭いている。
あれれ、床にも血が点々と・・隣のおばさまのバッグがなくてよかった。

前にも書いたように、ここは椅子だからまわりの患者が見ているんだよね。
「まだあそこにも血がついているわよ」なんて言われる。

こんな光景は見たくないだろうな~。

技士さんが「自分は自己穿刺なんてできない」と言ってた。
人にはぶすぶす刺してるくせに!(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/07/11

ありがとう

ところでここのところふつふつと思いめぐらしている、在宅透析の維持費です。
以前から知っている、首都圏で在宅血液透析をしている方にメールで
お聞きしたところ、

「物品は全て病院もちで自己負担は強いて挙げるならアルコール綿を
作るための化粧用コットン位なものです。
在宅管理料で病院は儲かるわけです。
滅菌済みの医療品と市販のカットバンを同じに考えるのはどうかしている。
検査も施設透析と同じ活動、、食事量、飲水量なら別ですが
全てが増加するので自分自身の目安として基準が把握できるまでは
通院ごとの検査が必要です。」

のようなお返事を頂きました!
転載、事後承諾すみません。
勇気が出てきましたー。ありがとうございます!
SF病院に行くのは13日です。どきどきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/09

新しい穿刺場所は

20050710_1318_0000
クリックして拡大して下さい。
これが通販で買った駆血帯です。怪獣の絵がかいてあるんだよ(^^)
これなら一度ぎゅうっと締めてV穿刺して、ゆるめて針がちゃんと入ったかどうか
確認してから、再度ぎゅうっと締めてA穿刺~。

今まではA穿刺のときは片手でやることになるので駆血帯を口にくわえて
引っ張っていたんだ。想像して下さい(>_<。)

さて新しい穿刺場所を考えたすえ、Vは上にAは下に3cmほど移動しました。
これだって勇気がいったんだゾ~。
少しずつずらしていく予定。でもVは細く曲がってくるし
Aは反対にどくどくとふっとい血管。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/07/08

新たな戦いか?

いろいろ考えるとAさんは他の「在宅」関係者をよく知っていると思う。
だから自信をもって「うちの病院は違う!」と言えるのだろう。

実は某在宅透析サイトに質問してみたら、今日その返事が来た。

都道府県によって支払いに多少、違いがある。
電気・水道代だけというのは正しいが、本来はこれも支払うのはおかしい。
厚生労働省と交渉しているが在宅の人が少なすぎてはかどらない。
厚生労働省が在宅透析に力を入れると言うのであれば真っ先に解決すべきだ。

大阪では生食1000+500は認められている。
在宅透析者を多く管理している「○寿クリニック」では
記録の用紙は患者にノートを買ってもらっている。
消耗品の消毒のセット、カット綿、イソジン、テープ、エタノール、オスバン、
ピューラックス、酢酸は在宅透析管理料に含まれるので病院負担です
万能つぼ、カンシは病院からレンタルし、破損が本人の不注意なら買い換え料を
もらい長期使用で壊れたなら新品と交換している。
検査の回数は医学的にきちんと管理するために必要との判断で透析施設で
異なる。

以上。

T病院はSF病院と同じ県なのだから、SF病院に準ずるんじゃないのか?
SF病院がどういう請求をしているのか聞いてこなくてはならない。
でも私ひとりじゃどうにもならないよ~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あれこれ

T院長がこの前の学会で見つけたという「止血クランプ」の
カタログをみせてくれた。バネで挟むの。(布団ばさみみたいの)
今より簡単そう。早速、注文してもらった。

それから技士さんが「デモ機が20日に入る」と言ってた!
先生にも報告済みで、すぐ練習できるみたいです♪
よかった~~。

V穿刺もうまくいっているんだけど、先生が上腕の内側にも
刺してみなさいと。。
まあ、刺せる場所は多いほうがいいんだけど
ここは血管が細いし、白いやわ肌(爆)ときている。

家で何度も駆血帯をして血管の走行を確かめている。
勇気出してやってみるか!やだな!

話がいろいろと飛びますが止血時間が長いと思う。
なかなか血が止まらない。ヘパリン3mlって多くないかなあ。
2時間のときは1mlだったんだからその倍でいいんじゃないのか?

また「先生に聞いて」と言われるのがオチだから次回は自主的に
2.5にしてしまおう。(シリンジに生食を足して12mlにする)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/06

涼しいのは儲けた気分

蒸し暑いけど気温は30度に達しない日が続いている。
暑いのが嫌いな私としては7月にこの気温というのは
すごく儲けた気分なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いやなこととは

前にも書いたT病院で「在宅」やっているAさんは
去年の東京、今年は福岡であった「在宅透析の研究会」で自ら
発表されたという頼もしい先輩です。
今度は大阪で「6時間透析を実施したい先生」に頼まれて
患者への説得役?として長時間透析の素晴しさを伝えに行くそうです。

このAさんから聞いた「いやなこととは」・・・
「在宅血液透析」にかかる維持費は電気・水道代だけと聞いていたんだけど

T病院は1000の生食、ダイアライザー、針を含む回路だけ渡され
あとの500の生食150円、消毒前後セット130円、記録用紙10円、
テープ、イソジン、カット綿、エタノール、オスバン、ピューラックス、酢酸、
鉗子(ひとつ7800円)、万能つぼなどなどは自分で買う!んだそうです。
おまけに!!検査は2ヶ月に一度。ひえ~~。

これを聞いた私は「えー!これらは透析に含まれるものだから、
保険でまかなえるでしょう? 」と言いました。
Aさんは「自分もそう思っているが、私はT病院で訓練して在宅になった
ので、くやしいけど仕方ないと思って払ってきた」
「コスモスさんはSF病院から紹介されてやってきたんだから、
話が違う旨、言ってもいいんじゃないか」「言って欲しい」

この話が先週のこと。

だんだん、T病院看護婦さんとたちともそんな話題をするようになり
「コスモスさんもちゃんと先生に確かめたほうがいい」
と言われ、ちょうど回診にきた院長に聞いてみました。

そしたらAさんの言うとうり。。
施設透析と在宅では考え方が違うらしい。
「自宅で怪我したら自分でカットバンを買って貼るでしょう。
PDだって消毒は自分で買っている」
「検査データは変わりがないので2ヶ月に一度でいい」

驚きである

それに「7月下旬に新しいデモ機が入るそうですが」と言ったら
「聞いてない」と言われる(泣)

この値段がわかっている毎日使うもの290円×26日だけでも
7540円だよ!他もあるから1万弱かかるのか??

どうしてSF病院では患者に渡しているものがここではお金が必要なんだ?
やっぱりまた(笑)納得できない私はまたSF病院の透析室看護婦さんにすがる。

先週までは「自分がこの問題に直面してから」と思っていたけど急展開。
来週、SF病院の院長の外来の予約をとってもらいました。
私の話も院長に伝えておいてくれるそうです。
お世話になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/05

気がつけば梅雨

今日はどこの病院にも行かなかった。ずーーっと日曜以外は行ってたもんねー。ふ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/03

また義経

日曜の話題はこれだけかい?(笑) 来年の大河ドラマが発表されたでしょ。
仲間由紀恵、上川隆也主演だって!
「早く来年が来ないかなあ~」と思ってしまった。

豪華なキャストに目を奪われていたけど、これで「義経」は終ったなあ~。
(早い!)あとはマツケンの立ち往生のシーンが年末の楽しみ。
と言いながら見続けるけなげな大河ファンなのでした。

ここのところ、一気に宮尾登美子の「仁淀川」と「蔵」を読んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これこれ

ph_dbb_27
早く触りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/02

返血に使う生食の量は?

「ダイアライザー」が白くなったら返血はおしまいだったのに
T病院ではそれがお気に召さぬらしい(笑)

Vチャンバーがまだ少し赤いので「血球がもったいない」と言われる。
私だって黙って生食が流れるのを見ているわけじゃなくて
無理な体勢で(片手で)チャンバーをもむわ、回路をつまんで圧力かけるわ
してんのよ。

300流して、体重を計ったらDWぴったりだからこれでいいと思うんだよねー。
(計算上も300足してるし)

片付けも東○の機械には「抜液」→「抜液終了」があったのに
日○装のこのタイプには「排液」だけ。カプラーをはずすと液がまだ
垂れます・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/01

整形外科受診

待ち時間にまた透析室へ顔を出したら、私がここで訓練中、
知り合った女性(入院中)と再会。
ここに入院すると、連日2時間してくれるらしい。
「データ、いいよね♪」という話題で盛り上がる。

この彼女は「在宅血液透析」というのを私を見て初めて知ったそうです。
そうだよねー。もっと仲間が広がってほしい。

さてさて整形外科では「椎間板が神経を押してる」と言われました。
だから左腕がピリピリなのねー。
ここで学校の体力測定以来始めての「握力」をはかりました。
もう体力測定は大嫌いだった。
測定値は右が22で左が20 ってどうよ? 低いよね?

ビタミン剤なるものを処方してもらう。また3週間後の予約をとる。
水泳はOKだと言われたので、やっぱり行こうかなあ、
スイミング!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »