« また血しぶきが | トップページ | 透析中は眠れない »

2005/07/31

生食は砂時計

透析室に入ると体重測定、手洗い、消毒の前後セットの用意、
ヘパリンの用意、月、金曜日だけのエスポーの用意、アルコール綿
の用意をしてプライミングにとりかかります。
(これは自分で考えた順序)

プライミングも慣れてくると私には一つ賭けが出来ました。

生食がVラインを流れはじめ、流量は100で1000のバッグが
流れ切るまで(正確には針先まで満たす分の50くらい残します)
に、ダイアライザーにカプラーをはめ「準備」を押し、穿刺したあとに
回路を固定するテープを切っておく、除水の計算・入力をする、
記録にも書く、透析前の血圧を測る、記入、必要なものを所定の位置に置く、
などを済ませるのです。

生食のバッグの残りの量を気にしながら準備を進めます。
そして今日は!テープを切らしてしまいましたー。
急いでテープをとりに行ったりして時間をロス。
間に合わなかった(笑)

1:30入室、2:00穿刺が目標ね。でもあわてないあわてない。


|

« また血しぶきが | トップページ | 透析中は眠れない »

⑤T病院を離れ機械が届くまで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66896/5236295

この記事へのトラックバック一覧です: 生食は砂時計:

« また血しぶきが | トップページ | 透析中は眠れない »