« あれこれ | トップページ | 新しい穿刺場所は »

2005/07/08

新たな戦いか?

いろいろ考えるとAさんは他の「在宅」関係者をよく知っていると思う。
だから自信をもって「うちの病院は違う!」と言えるのだろう。

実は某在宅透析サイトに質問してみたら、今日その返事が来た。

都道府県によって支払いに多少、違いがある。
電気・水道代だけというのは正しいが、本来はこれも支払うのはおかしい。
厚生労働省と交渉しているが在宅の人が少なすぎてはかどらない。
厚生労働省が在宅透析に力を入れると言うのであれば真っ先に解決すべきだ。

大阪では生食1000+500は認められている。
在宅透析者を多く管理している「○寿クリニック」では
記録の用紙は患者にノートを買ってもらっている。
消耗品の消毒のセット、カット綿、イソジン、テープ、エタノール、オスバン、
ピューラックス、酢酸は在宅透析管理料に含まれるので病院負担です
万能つぼ、カンシは病院からレンタルし、破損が本人の不注意なら買い換え料を
もらい長期使用で壊れたなら新品と交換している。
検査の回数は医学的にきちんと管理するために必要との判断で透析施設で
異なる。

以上。

T病院はSF病院と同じ県なのだから、SF病院に準ずるんじゃないのか?
SF病院がどういう請求をしているのか聞いてこなくてはならない。
でも私ひとりじゃどうにもならないよ~。

|

« あれこれ | トップページ | 新しい穿刺場所は »

④T病院に通う」カテゴリの記事

コメント

CAPD導入時を思い出してみると、秤や点滴棒、バッグ保温機などは購入しました。要らなくなった人のを新人に先生がとりもつ、ということもあったようです。
PDに比して大がかりな分、やっぱりいろいろ大変だね。

投稿: 花散る里chisatry@ | 2005/07/09 14:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66896/4883354

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな戦いか?:

« あれこれ | トップページ | 新しい穿刺場所は »