« 透析中は眠れない | トップページ | 七人の来客 »

2005/08/03

+0のときは

明日は病院の技士さんたちが我が家を下見にくるのでお部屋を大掃除!
あっちぃ~~~~!汗だくだくです。
シャワーを浴び、夕飯の支度もそこそこに家を飛び出る。

また人身事故の復旧あけで電車がのろのろ・・・。
毎日電車に乗るようになってわかったのは、人身事故の多いことよ!
炎天下で電車に飛び込むってどーよ。
炎天下以外ならいいってわけじゃないが、死ぬな!

おかげで駅前のコーヒーショップで軽食をとるつもりだったのに
時間がなく更衣室でおにぎりをパクつく。

体重は+0だった。おまけにDWより100少ない。
こんなときは返血分の200(実際は300くらい入れてる)と
最低除水速度にするための200とDWに戻すための100で
300も補液しなければならない。

補液なんてもったいない!売店で200のジュースを買って透析中に
飲みました。
100は仕方なく(笑)補液。


|

« 透析中は眠れない | トップページ | 七人の来客 »

⑤T病院を離れ機械が届くまで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66896/5286935

この記事へのトラックバック一覧です: +0のときは:

« 透析中は眠れない | トップページ | 七人の来客 »