« 3時間やりました | トップページ | とじこもっていました »

2006/01/04

土方歳三最期の一日

土方の「待たせたな」でやられました!
土方は生きていたんだ!
「池田屋からの仲間が本当の新撰組だ」で
島田魁の「あれ、お前ら居たっけ?」に
「すいません、目立たなくて」なんて蟻通が答えてる(笑)

試衛館の回想シーンもよかった!
山南さんを語ってくれたのもよかった!

斉藤一と松平様と近藤さんのお墓の前で新撰組の羽織を裂いたのは?
半分は自分の額に巻くためだったんだ。最期に。

島田魁が土方と離れたくない!ていうのが泣けた!

榎本って本編では剛くんがやってたよね。
降伏する榎本と大鳥、反対の土方。
話し合いは思わぬ方向へ。
死に場所を求めるんじゃんなくて「新しい国」をつくる!

策を練り、実行しようとしたところで仲間のいる函館山の異変。
駆けつけるも狙撃されてしまう!

しかし、仲間をかばって刀を振るう・敵は後ずさり。
(ココは弁慶の最期を思い出したが)

「榎本さんすまん」
近藤さんが「とし・・」  かっちゃんが呼んだんだな(泣)
ボロの「誠」の旗。。

よく戦い抜きました!多摩のワルだったのに。
こんなに名をしらしめた。
土方歳三を忘れません(笑)

かわいい市村鉄之助は沖田みつに会えたんだろうか。
その後の新撰組!の続編希望。

|

« 3時間やりました | トップページ | とじこもっていました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66896/7994875

この記事へのトラックバック一覧です: 土方歳三最期の一日:

« 3時間やりました | トップページ | とじこもっていました »