« 体力つけねば | トップページ | エリック・ボンパール杯(GPフランス大会) »

2006/11/18

現場にいた

Jの泌尿器科にフイルムを返しながら、手術が無事済んで元気になったことの報告に行きました。

この先生にはすごく世話になったばかりか、私の手術の際も手術室にいたのです。
(先生曰く、勉強しに行ってるそうですが)

そこで、とりだした私の右の腎臓のガン・・
「ほんとに小さくて肉眼じゃ良性か悪性かなのかどうかわからなかった」んだって。

もちろん、取ってすぐガンとわかるのもあるそうです。

「まあ、(手術は)賭けみたいなものだったけど やってよかったですね」
「これからのCT検査は取った周辺や左の腎臓を診るためだけど、おとなしいものだから大丈夫。寿命には関係ないからね」

「先生に(手術を)勧めて頂いて本当にありがとうございました」と言って、この先生と さようなら。

来週からは また血漿交換が始まるよ~(T_T)

ちなみに11月 15日  9186歩
         16日  8246歩
         17日  4265歩


|

« 体力つけねば | トップページ | エリック・ボンパール杯(GPフランス大会) »

腎ガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66896/12725842

この記事へのトラックバック一覧です: 現場にいた:

« 体力つけねば | トップページ | エリック・ボンパール杯(GPフランス大会) »