« ワールド回想録 | トップページ | はしか »

2007/05/11

ワールド その2

トーマス(トマッシュ?)・ベルナー(ベルネル?)の素晴らしい演技&高得点で大いに沸いた会場はその余韻に浸る間もなく、リンクに最終グループの6人が飛び出した。

私は、この瞬間、感極まりました!(T_T)

この世界のトップ6のスケーティングは朝の公開練習で見ているのに、本番の試合での6分間練習は別次元。
さてこれからどんなことになるのという不安と期待!

みんな素敵だけど。
思わず「ジョニー!!」と叫んじゃったよ。

トップ選手たちがジャンプを豪快に次々と決めます。
高さと距離、入るとき、空中での姿勢、ランディング、素晴らしい~男子シングルの醍醐味を味わえてシアワセ~
これが試合で出せればいいのよ!みんなミスなく実力を出して!!

で、今年の全米チャンピオンのエバン・ライサチェック
緊張気味で最初の4T+3Tがシークエンスっぽくなってセカンドジャンプは2T。
アクセルも詰まり気味。
3Loが2Loになったり3連続が2つのコンビネーションになっちゃんだけど
私のお気に入りの最後のストレートラインステップ。
カルメンの曲に乗って元気に滑ります。
続く足換えのコンビネーションも良かった。
しかし最後は全米みたいな歓喜は見ることが出来なかった。

そして!ジョニー・ウイアー!!
会場はファンが一杯!
みんなも大好き、ジョニー!(^^)
コスチュームは全米から変えたのかな。
「ナザレの仔」 
冒頭からしなやかなスケーティング。
あれはジョニーしかできません!
3A+3T がきれいに決まった!
次の4Tはどうだ!?
期待したけど3T!うまい!!

いいよいいよ~
2Aまではよかったけど次が2Loになって、単独のアクセルがなんと1A。
でもあのスケーティングで許す(笑)
最後まで頑張った。
全米よりずっとよかった。
よかったよかった(泣)

そ・し・て・スイスのステファン・ランビエール
出場がどうなるかわからなかった上に新しいプログラムときたら、もう注目度№1!
ショーでのフラメンコは動画でみたけど試合はどうなの~
朝の練習で曲を聴いただけでドキドキもんだった(笑)
でもSPでは6位だ~どうなる!
なんと、髪をオールバックにしてきた!
いいぞいいぞ!
はじめの3Aがきれいに決まったときの会場の盛り上がり方といったら!!
続く4T+2T+2T
4分半はランビの世界に引き込まれ、フラメンコがこんなに美しいとは。
ランビにしかできない演技。
スピンの美しさ!
あとでリザルト見たら最後の足換えのコンビネーションはレベル4でGOEに+3をつけているジャッジが何人もいる!
あ~~~シビレタ。鳥肌もんだった。
スタンディングオベーション!
東京に来てくれてありがとう!
後半のジャンプの失敗があっても、この時点でなんと1位。
さすがステファン・ランビエール
来期もフラメンコでお願いします!

言わずと知れたフランスのブライアン・ジュベール
SPでもミスなく1位です。
スケート靴を血に染めた怪我もあったのにどこまでも快調なこの人。
ランビエールの熱気が残ったリンクで滑ります。
4Tは2回と聞いてたけど2回目は3T+3Tになった。
何度も何度も見てきたプログラムなので物足りない。
(ファンはわがままです)
点数はランビには及ばないもののさすが総合で1位。

さてさてダイスケ・タカハシ
地元ならではの声援はまた彼のプレッシャーにもなるだろう。
全日本のときのような演技を期待します。
さあ、オルゴールがなって始まりました。
4Tいくよ~~~
手をついたときの悲鳴とどよめき!
どうなるかと思っていたらそこからの3Aが見事!
きれい!!
スピンもステップも完璧。
そして始まったあの5回のジャンプ。
流れるようなジャンプというのか、自然で美しく大きいジャンプ。
全ては予定通りでした。
ひとつひとつのジャンプが決まるたびに歓声が大きくなりストレートラインステップに入るときにゃ最高潮!
手拍子の中スピードを上げてステップ。
(このステップ、解説本読んだらそりゃ難しいエッジが組み合っていて、あのスピードで駆け抜けられるなんて人間とは思えないよ)
足換えのコンビネーションが終わって、仮面を剥ぎ取った瞬間はもうオールスタンディング!
ダイスケが泣いてる、プレッシャーの重圧から解き放たれて泣いてる。
いや~すごかった。。。
フリーの点数は客席で見ている限りはランビとどちらが上かはわからなかった。
実際はダイスケに高得点が出て、また歓声!
フリーでは最高得点、総合で2位。

さあ、SPで素晴らしいエッジワークを見せたジェフリー・バトル
彼にも実力を出させてあげたい。
4Tを成功させなきゃ勝てないとわかっている。
最終滑走は残酷だ。
4Tは転倒、なんと3Aも転倒。
あ~~~~。
もう一つのアクセルも単独で手をついてしまった。
しかし!さすがバトル。
ここからの盛り返しはさすが。
彼の美しいイナバウア、3S、コンビネーションスピン、3F、ステップどんどん決めていきます。
特に最後の最後の3Lzはきれいだった。
最終滑走でなければ・・
順位が出たときの客席のため息。
でもダイスケの2位は確定だ。

余韻に浸る間もなく舞台は表彰式へ。

ジュベール、ダイスケとコールされて、次にランビエール!ときたときが一番歓声が大きかったと感じたのは私だけ?
もう完全にスケートファンの心をわしづかみ(笑)
参った。
順位についてはこれが妥当?
バトルがかわいそうだったけど仕方ない。

前にも書いたけど表彰式が終わって3人がリンクに上がってきて、しばし関係者と談笑しているところの真上に私はいた。
ファンが上から声をかけると笑顔で返してくれるランビに私も有頂天。
夫はうしろに待たせています(笑)

そんなこんなで興奮さめやらずで東京体育館をあとにしました。
一日の短かったこと!

初めての試合を見た夫の感想は「生で見るとジャンプの迫力を感じられる」「テレビで見ると判断できないダブルとトリプル、トリプルとクワドの差がよくわかる」「音響が素晴らしい」ということでした。
私の熱狂ぶりもわかってくれたかな?

あ~マーシャルの感想はまた次に(笑)

|

« ワールド回想録 | トップページ | はしか »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

マジでジュベールはかっこいいです。うちの家族みんな大ファンですよ。あのさわやかな顔がなんともいえないんですよね~。マジ好き!!超かっこいいよ!

投稿: aya | 2007/05/18 02:24

>ayaさん
はじめまして!(だよね?)
コメントありがとう~(^^)
ジュベール、かっこいいよねえ。

ロシア杯のときなんか3回のクワド跳んで度肝を抜かれたもんね!
今度のシーズンも頑張れ!

投稿: コスモス | 2007/05/18 07:05

 友人からもらった動画ですが・・
BraveKing Quad Jumper
http://www.youtube.com/watch?v=BRsNziu4oEE&mode=related&search=
 やっぱしクワドは男子フィギュアの華ですね~。
しかしこれ、くせになりそうです。結構何度もリピートしてみちゃってます(笑)

投稿: name@どらごんはーと | 2007/05/21 05:45

>nameさん!!!
ありがとう!!!!!

例のごとく透析中の布団の中で見ていた私は、眠気がぶっ飛びました!!!!!

まさにBraveKing Quad Jumper !!!!
新旧織り交ぜていいものをみました。
これを書くまでに10回以上は見ています(笑)

サルコーでもどんどん跳んでますね~

nameさんとこも見ました。
なんか元気でてきたわ~。
ほんとにありがとう。

投稿: コスモス | 2007/05/21 11:45

↑のジョニーの4T-3T-2Loの出どころを知りたくて検索してみた。
きれいなジョニ~~~(笑)

Johnny Weir Quad- triple - double
http://www.youtube.com/watch?v=yUldWQuk0TE


投稿: コスモス | 2007/05/21 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66896/15029805

この記事へのトラックバック一覧です: ワールド その2:

« ワールド回想録 | トップページ | はしか »