« 朝の失敗&夕食は | トップページ | 7月になった »

2007/06/30

国内無料の腎臓移植体験記

週刊新潮の記事。正確なタイトルは
26万「人工透析患者」が知らない
「国内無料の腎臓移植」体験記

私の透析を気にかけてくれている方が教えてくれたので
何事?と読んでみました。

な~んだ。
妻から腎臓をもらって移植したというお話。
大げさなタイトル!
まあ、新潮さんも必死ですね。
突っ込みどころ満載でした。
要約すると

糖尿病から2年前に透析を始めた61歳男性
実名で傷跡を見せる(大きく突き出た汚いお腹)
その方の語る「想像以上の苦行」の人工透析とは
「毎回100キロの体重を5キロも減ってヘトヘト」
「食べ物、水分の摂取に厳しい制限」
「毎日毎日泣きたいほど辛かった」

「病院に向かう道で目の前の患者が倒れ帰らぬ人に」
「病院にエレベータで倒れこみ私の腕の中で
息を引き取った方もいた」

そこで「恩人」女子医大の教授に出会うわけで
「教授が決定的なことを教えてくれました。
腎臓移植に費用はかからないというのです」

「治癒の見込みなしと告げられたけど、実は移植が
ある。それも無料で受けられる」
(地域によって多少の負担はあるが)

記事は臓器移植法の問題を突きながらも
61歳男性は
「生体腎移植に期待するしかないが、それを無料で
受けられるほど垣根の低いものであることを医師や
病院は十分に開示すべきだ」

そして今度は「日本移植者協議会」の理事長さん、
「病院側が生体腎移植の説明を怠っているのは
透析患者がもたらすうまみを手離したくないのでは」

ここからは記者さんの〆のお言葉。
患者が亡くなるまで確実に毎年500~600万落とす。
これからの透析産業はさらに成長すると言う期待がある
安価でよりよき道を示すこともあるまい、との深謀を
巡らしたと受け取られても仕方ない。

以上です。
はい。あちこち言いたいことが出てきたでしょ(笑)

|

« 朝の失敗&夕食は | トップページ | 7月になった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

要約すると、その患者さんの言い分は、<外国だとお金が何百万円もかかるけれど、日本だとほとんどただ。ただなことを黙ってないで、生体腎移植をどんどんやってよ。透析って辛くて苦しいんだからさ。>
かな。

腎移植を、透析患者さんに勧めたくないと思っている透析医はいないと思うけど。

元気で長生きできる透析の実態が、報道されないのも残念だなー。

投稿: kaiko | 2007/06/30 09:33

多分、裏で糸を引いているのは、厚生労働省か? 財務省か?

100kgの人に普通の体格の人の腎臓を移植しても長持ちしないよ~。

投稿: kusakari | 2007/06/30 17:46

日本で腎移植が進まないのはお金が原因、とでもいいたいのでしょうかね~
いくら無料だからって、そのへんの人からはいちょうだい、って訳にもいかないんですからね。

投稿: 菊花 | 2007/06/30 23:32

まだその週刊誌売ってるかな?
コンビニで見てみよう

投稿: katochan | 2007/07/01 16:07

>kaikoさん
透析なんかやってないで移植すればいいじゃん
とでも言いたいのでしょうねえ。
これ素人が読んだら絶対そう読めるよね。
困ったもんだ。

それに目の前でばたばた死んでいく病院ってどこだっ!
どんな透析してんのか。
お気の毒に。

投稿: コスモス | 2007/07/01 16:57

>kusakari さん
>多分、裏で糸を引いているのは、厚生労働省か? 財務省か?

あはは、確かにそうかもしれませんね。
この方のように不摂生で毎回5キロ除水してるよりは
移植してよかったんじゃないかと。
でも長持ちしなくてまた透析へ。
先が見える?

投稿: コスモス | 2007/07/01 17:04

>菊花さん
そうなのよ!
無料、無料って言うなよ、だよね。
26万の患者が何も知らないと思ってんのか
バカにしないでよ。
こんなん書いて失笑かってるのわからないのかね。

投稿: コスモス | 2007/07/01 17:14

> katochan
うん
木曜発売のやつだからあるんじゃない?

投稿: コスモス | 2007/07/01 17:15

わはは。中吊り広告だけは見ました。
まぁ大体そんな感じのことだろうと思ったけどどんぴしゃりでした。
コスモスさん、レポありがとう。

ちなみにぴょん吉さん(透析暦3ヶ月くらい?)が透析のとき買ってきて読んでました。

読み始める前に「こんなの知ってました?どういうことですかね?」と聞いてきたので
あー保険でまかなえることを知らない人が多いから記事になるんでしょうね、とネタばらししてしまいましたけど、悪かったかな?


それにしても当事者でない人(透析患者でない記者や編集者)には俺たちの税金をお前ら透析患者が食いつぶすんじゃねぇとか思ってるんでしょうね。

投稿: ちーず | 2007/07/02 20:50

>ちーずさん
そうそう!
そんなに金かかるんなら「無料」の移植を
しちまえばいいじゃないか。
と思ってるでしょうね。

投稿: コスモス | 2007/07/02 21:54

確かに、「新ブラックジャック~」もまったく同じような論調でしたっけ。移植の先生は、お金の面からも移植を進めようと言ってます。。
でも、移植後も免疫抑制剤や拒絶を抑える薬などまだまだ高価です。

投稿: たつろー | 2007/07/02 23:38

>たつろーさん
「新ブラックジャック~」でもお金のこと言ってましたか。
話題になるのはいいけど、私たちの意図しないところに発展するのは困るね。

投稿: コスモス | 2007/07/03 16:30

そんなに透析がいいなら一生黙ってやってればいいじゃん、俺は移植を進めない透析医も知ってるし、あながち
間違いじゃないと思うけど

投稿: とも | 2007/07/05 12:55

>ともさん
はじめまして!書き込みありがとうございます。

確かにあたっている部分もあるでしょう。
でもこの記事によって日本の移植事情がいい方向に行くとは思えなくて。

私は何年も前から献じん登録を更新しつづけているんですよ。
チャンスがあれば移植を受けていると思います。

ただ、そのチャンスがないんですねえ。
だから「いい透析」をして生き続けたいと思ってるわけです。

どうかその辺をご理解ください。

>移植を進めない透析医
思い出しました。
透析医じゃないけど私の原疾患のSLEの主治医がこの登録に反対だったの。
それでどこかのサイトの移植医に相談のメールをして、その返事→「SLEでも大丈夫」
これをプリントして主治医に見せたことあった。
それでようやく登録できたんだった。

ああ、あの大学病院自体が移植を推進してないかも。
今はどうだかしらないけど。

ともさんも透析しているのですか?
また来てくださいね。

投稿: コスモス | 2007/07/05 17:11

あ~、変わってないですぅ。
具体的な説明って聞いたこと無いですぅ。
そりゃ儲かるもん・・ねぇ。

投稿: 花散る里 | 2007/07/05 18:59

>花散る里さん
優秀な移植医を泌尿器科?に迎えれば
違ってくるのかしら?

投稿: コスモス | 2007/07/05 19:28

腎内勢力が強いからねー。泌尿器はがんばっかりみたい。

投稿: 花散る里 | 2007/07/06 11:22

泌尿器科のI先生は患者の気持ちに寄り添ってくれる
親切なお医者さんだったなあ。

投稿: コスモス | 2007/07/06 23:37

言葉足らずですみませんでした。
泌尿器科といえば前立腺癌の治療手術ばっかりのようです。

腎内でも透析って研究とか論文のネタにならないらしく、ドクターも日々対処のみでつまらないのか、近頃現場がものすごく殺伐としたかんじ。ふぅ。

投稿: 花散る里 | 2007/07/07 11:07

すんません、ともです。みんな色々理由があり、移植が出来ないのですね、私は最初に通っている埼玉の某クリニックで、最初はまず相談しようとしましたが、医者や看護師に自分で探せとまず、言われました、そして、診断書は項目がいくつか書かれており、自分で記入して出して下さいと言われ、医療の事ですし専門の言葉がドイツ語の項目で訳が分からないまま、渡され、自分で出来なければ移植はやめた方がいいと迄言われました。
また、その医者はドライがきついので、1キロ上げてほしいと頼んだら、勝手に4キロもドライを上げ心臓がキツくなったら、5キロドライを急に下げろと言い、また、副甲状腺の手術でも、家族に話をする前に
手術、いつ手術するんだと怒りながらはやしたて、自分で見つけた病院で移植ができると
検査をするんで、紹介状を書いて下さいと頼んだら
3ヶ月も書いてくれませんでした。
検査のあと今の病院に戻ったら、また、移植もいいけどとかぶつぶつベットの横で永遠話し始めます。
移植側の先生は、まだ若いんだから、元気を取り戻そうよ!と、言ってくれます。
いままで、透析での医療に疑問ばかりです。
いい医者はなかなか判断できませんでした。
正直、つらい事ばかりです。

投稿: とも | 2007/07/08 11:25

花散る里さん、
わかってるから大丈夫だよo(*^-^*)o

あそこはテレビもないし飲食もしないし
患者もつまらなそう。。

投稿: コスモス | 2007/07/08 16:12

ともさん。
まあ、そんな体験をしてきたのですか。
驚きました。
それでこの新潮の記事に理解を示したのですね。
よくわかりました。

移植は本人の意思でやる(登録も)ものだから
医療者は意見を言うのはかまわないけど
阻止するような言動は許せませんね。

埼玉県なら他に良いクリニックがあるんじゃないですか?
そんな所じゃ、ストレスがたまるばかりですよ。
情報を集めてみたらどうでしょう?
移植の先生に紹介してもらったら?

投稿: コスモス | 2007/07/08 16:19

コスモスさん、実は病院を変わるのも、近くにいい透析病院がないのです。私はすぐに血圧が下がってしまうので、透析が終わる頃はふらふらで近くの病院でないと通えません、また、今の医者がどんな理由であれ、透析の病院を移りたいと言ったら、怒り、嫌みやベットの横でのネチネチ攻撃が怖くてたまらないのです。

投稿: とも | 2007/07/08 17:23

そんなのから脱出するために転院するんですよ。
最後の口撃だと思ってがんばれ!

私も透析になったばかりの時には移植のことばかり考えてました。
だけど自分の理想の透析に近づけたことで体力は回復し、移植自体が「リスク」と感じるようになりました。
(私も2年間で3箇所転院しました)

血圧低下でフラフラもいいところに転院したら直ると思いますよ。
そんないいかげんなドライ設定じゃ除水のしすぎじゃないんですかね?

投稿: ちーず | 2007/07/08 18:41

うーん、ちーずさんの言うとおり、
やはり自分で変えないと、
今の状態は変わらないですよね~

透析条件を変えたい、ドライを変えてみたい、
元気になりたい、ふらふらはいやだ、と言わないと。。

それでもダメなら逃げてください!
自分のからだのことだもの!

変わるのは患者の自由だから何を言われても
知らん振りで!
心配です。

投稿: コスモス | 2007/07/09 00:48

ドライをキロ単位で変えたりしちゃうんですか!?
私は何せ井の中の蛙ですが、ドライは心境比とハンプの値とで、200gとか300gずつ上下します。
この前ドライがきついと直訴(?)したときは、下のドクターがびびってたけど、上のドクターが500上げてくれてすっごく気持ち良かった!5キロ上げるってどういうこと!!

投稿: 花散る里 | 2007/07/10 10:04

狂った透析医がいっぱい居るので, そういうところなら移植が夢の治療に見えるのは当然ですね.

投稿: kusakari | 2007/07/10 13:03

ともさん、
あなたのお気持ちはみなよくわかったと思います。

移植への条件が整っているなら離脱して元気になってください。
まだ先のことなら、勇気を出して現状を変えないと!

投稿: コスモス | 2007/07/10 18:44

はじめてコメントいたします。
腎臓移植や肝臓移植をキーワードに調べていたところ、こちらのサイトへたどり着きました。
助かる命がそこにあるのなら、少しでもお役に立ちたいと臓器移植に関していろんなサイトを閲覧しています。
少しでも多くの人たちを助けたいと考え、微力ながらも行動しています。
こちらのサイトは参考になり大変助かりました。
ありがとうございました。

投稿: 腎臓移植について | 2011/01/24 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66896/15599447

この記事へのトラックバック一覧です: 国内無料の腎臓移植体験記:

« 朝の失敗&夕食は | トップページ | 7月になった »