« 病気腎でもいいから | トップページ | ISUグランプリシリーズ »

2007/06/07

Triple Axel

動画サイトはたくさんあるようですが、
私が今いろいろ検索してるのは高画質高音質の
stage 6」←ココがわかりやすいかも。

といっても、自分は息子がやってくれたんですけどね(^^;)

最近、ソルトレークに出たタケシくんの次、
日本人2枠目の竹内くんのSPの動画をみつけて、
感激しています。
Yosuke TAKEUCHI - 2002 Olympic SP
(日本で放送されたっけ?)

なにしろ、私は2人の壮行会に出てるのよ~
いちおう、彼らは私の後輩なのよ(笑)

もう放送のたびに録画!と騒がなくても、
stage 6にきれいな動画があるからと安心です。
でも、見る時間がなくてとにかく「お気に入り」へ
置いてあります。

で、本題は
youtubeだけど、こんな動画がありました

Triple Axel

みどりさんのトリプルアクセルばかりで編集してるの。
圧巻!!
もうあなたほどのスケーターはいません。
スピード、高さ、距離、ランディング。
あの頃、6,0をたたき出した技術点は
もし、もし今の採点方式だったらGOEは・・

妄想がとまらない。

特に3分10秒頃にあるトリプルアクセルのあとに
トーループをつけたやつ!!
あのトーループは3回転に見えるんですけど。
まさか!!
すっげー!

織田くんはさらに3回転のループもきれいにつけます!が、
女子でこのコンビネーションをやれる(やった)のは
みどりさまだけですよね。

この動画、最後に真央ちゃんの
トリプルアクセルを載せて終わるんですよ。
真央ちゃんのトリプルアクセルが小さく見える。

ここに編集した人の意図が感じられる。
きっときっと、これを見せたいがために作ったんでしょう。

はい。
充分に楽しめました。
みどりさんを超えるスケーターは当分出てきません。

|

« 病気腎でもいいから | トップページ | ISUグランプリシリーズ »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

 みどりちゃんの動画を見て、またもやガンダム状態(笑)になって、が~っと書いてしまいました。

 なんと、伊藤みどりさんのトリプルアクセル集!、本当にみとれちゃいます。なんという高さ、幅。きれいなランディング。当時、カメラが追うのに苦労していた、というのもわかります。
 そして、この動画のバックに使われていたのが中島みゆきの「銀の龍の背にのって~」のフレーズ。(タイトル失念、どなたか教えてください)

 みどりちゃんにぴったりだ、と思ったのと、同時に、ぱっ、と思い浮かんだのかエルヴィス・ストイコのこのプログラムでした。
 Elvis Stojko - 1997 Worlds Long Program『Dragonheart』 http://www.youtube.com/watch?v=aQYazYstUeQ

 前年、エルドリッジに奪われた世界チャンプの座を奪い返したのが、この演技です。
 同じ「ドラゴン」とついていても、幕張のほうには“龍の道を目指す人間”というイメージがするのに対し、こちらの『Dragonheart』は、まさに龍そのもの、それも、王者、龍王、といったものをイメージさせます。
 瞳に力がみなぎっていて、スロー・パートにも迫力があって、ジャンプもきれいに決まっている。
 ソルトレイクは別格として、彼のすばらしい演技、として真っ先にあがるのがたぶんこれでしょう。4-3のコンビネーションを軽々と決め(これは世界初)、ダイナミックなスピン、ステップ。
 そしてすごいのが、終盤4分近くなって、3-2のコンビネーションを入れていること!そして、連続のバタフライからコンビネーションスピンでフィニッシュ。・・・・あなたはなんて体力をしているの・・と見返すたびに思ってしまいます。
 まさに王者、龍王のスケートです。銀色(安っぽいメタリックじゃなく、いぶし銀ね)の龍、そのものです。
 もう、最後のコンビネーションジャンプのあたりから、悲鳴に近い歓声が上がり、スタンディングオベーションが始まってます。
 ああ、会場で見たかったなぁ・・・

 幕張の世界選手権のプログラム、こっちは、“龍の道を往く者”という感じです。
 1994年世界選手権(幕張)『Dragon: The Bruce Lee Story 』
http://www.youtube.com/watch?v=VkeqC-fnWrc&mode=related&search=

 そして、みどりちゃんとエルヴィス、選手としても共通点が多い、ってことで、結構仲良かったらしいんです。(同じ大会にもずいぶん出てるし)。みどりちゃんのほうが、3つか4つうえなのかな。結構、歳近いんですね。

 いや~、2人のジャンプ談義、聴いてみたい気がする。

「ざぁ~、っと来て、がっ、と踏み切るのよ。」
「そうそう、そして、すゎ~、っと着地するんだよね。」
「そうなのよ、そしてそのとき、ぐっ と ためを作るのよね」
「いやぼくは、そのままぎゅわっ、といっちゃうことが多いけど」

 なんて、二人だけに通じる、意味不明な会話になってたりして(笑)

投稿: name@どらごんはーと | 2007/06/07 22:41

nameさん、いや~男子シングル好きにはたまらんたまらん。
3Lzのランディング、4T-3Tの迫力。
鳥肌たちました。
最後のサーペンタインステップに入るときの
高揚感といったらもう!!

カナダの応援ていつも目をひくんだね。
3月のワールドでも揃いのメープル模様のセーターで
気合入ってた。
あの時、バトルがねえ・・
サンデュも練習のときのジャンプはストイコに負けてないのに~
メイビーも・・
と、話はどんどん広がってしまう~(笑)

今のスマートな選手ばかりに目がいきがちですが
(でも、ジョニーも好き)(^^;)
この映像みたらなんか元気でてきたわ~


で、みどりさんですが「銀の龍の背にのって~」
私もタイトル知らない。だれか教えて。
彼女もドラゴンだと言いたかったのか・

昨日、泳ぎながら頭の中は「銀の龍の背にのって~」だったよ。

もうこれを見たら、今の女子シングルはねえ・・
以下略。

投稿: コスモス | 2007/06/08 07:28

>彼女もドラゴンだと言いたかったのか・

いや、たぶん、彼女は龍の背に乗り天高く舞い上がる少女だといいたかったんではないかな。
 わたしは、昨日この映像を見てから、銀の龍がその背にエルヴィスとみどりちゃんを乗せて、天空高く舞い上がるさまを想像して、ずっと浸ってましたよ。そして、二人がジャンプ談義をする様子まで,想像してしまった(笑)

 これです

 >>「ざぁ~、っと来て、がっ、と踏み切るのよ。」
   「そうそう、そして、すゎ~、っと着地するんだよね。」
   「そうなのよ、そしてそのとき、ぐっ と ためを作るのよね」
   「いやぼくは、そのままぎゅわっ、といっちゃうことが多いけど」

 なんて、二人だけに通じる、意味不明な会話になってたりして(笑)

投稿: name@どらごんはーと | 2007/06/08 09:25

あはは、nameさんの妄想がおかしくて。

「ぐっとためを作る」と「ぎゅわっといっちゃう」のが、なんとなくわかるような気分になった♪

投稿: コスモス | 2007/06/08 10:53

>あはは、nameさんの妄想がおかしくて。

いや、これ結構続くんですよ。
   「ざぁ~、っと来て、がっ、と踏み切るのよ。」
   「そうそう、そして、すゎ~、っと着地するんだよね。」
   「そうなのよ、そしてそのとき、ぐっ と ためを作るのよね」
   「いやぼくは、そのままぎゅわっ、といっちゃうことが多いけど」
   「え?そうすると、ズシャーっとなっちゃわない?」
   「うん、だから、後ろにサァーッと逃がすようにするんだけど」
   「そうなの。でもそれって、がきっと行きそうで怖いわ」
   「そんなことないよ。膝をうまく使ってぐっと・・。みどりさんだって、やってるじゃない。」
   「そうだけど・・それはグラっときた時だけよ。」
   ・・・・ま、なんて具合でございます(笑)

投稿: name@どらごんはーと | 2007/06/08 12:56

もお~nameさんたら~
おかしくて笑いが止まらない~

今日も何度も何度もみどりさんのアクセルを見てしまいました。
なつかしのボナリーもチラッと写っていましたね。

あんな大ジャンプを降りたときの気持ちってどうなんだろ。

真央ちゃんのアクセル、意図的にみどりさんと同じコスチュームのときのを使ったんでしょうね。

投稿: コスモス | 2007/06/08 19:00

 秋桜さ~ん!みどりちゃんの動画、消えちゃってました~!!!
 どうも、モンタージュ的なものはほとんど全部消してしまったようです。大会のプログラムの録画、って感じのものは結構残っていますが・・・残念!

投稿: name@どらごんはーと | 2007/06/12 07:28

え~~~!!
消えた~!?
あ~~。。

Quad Jumperの方はまだあったよ。
なんでみどりさんを消すんだ~
がっかりだね。

投稿: コスモス | 2007/06/13 07:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66896/15341363

この記事へのトラックバック一覧です: Triple Axel:

« 病気腎でもいいから | トップページ | ISUグランプリシリーズ »