« ジャパンオープン | トップページ | 卑屈な気持ち »

2010/10/12

やっちゃいました

在宅透析 1700回 トラブルなしなどと
誇らしげに書いてしまいましたが・・

やっちゃいましたよ(-.-)

A側穿刺ミス~~~~

言い訳すると(笑)
前もこの場所で失敗したことがある。
早朝にやったので頭がおかしかった(爆

透析始まってから血液がたくさん取れない
ことに気がつく~
どうやってもうまくいかない。

シャント回しだなんだやると面倒なので

潔く?返血して やりなおしました。

そんなこんなで 全て終わったのが
スイミングレッスン開始の2時間前~

泳ぐ2時間前からは食事しないようにしている。
でも我慢できなくて かるーく食べた。


これが昨日の話で・・
今日は腕が青あざ~~~wobbly
明日はもっと青いところが広がるはず。

いつもスイミングの更衣室で
水着に着替えてからプールにドボンと入るまで
シャントの腕を隠してるのに~~~

これでますます。。
どーしよ。

あ、話を元に戻すと

透析を自慢げに書くとこういうことに
なるから気をつけようと
思ったのでした。はいcoldsweats02

|

« ジャパンオープン | トップページ | 卑屈な気持ち »

⑪在宅血液透析6年目」カテゴリの記事

コメント

毎日何人もの穿刺をしている看護師でさえ、失敗することがあるんだから、1回の失敗なんてたいしたことないよ~~~って、なぐさめになってない?coldsweats01
青あざ、本人より周りの人が気を使うから困るのよね。

投稿: 菊花 | 2010/10/12 21:48

そうかぁ、コスモスさんは連日だから1700回いくの早いね、自分はまだ1200回くらい。

穿刺失敗は今まで一度だけありました。
目の前真っ暗になるよね、再穿刺のショックと止血しないといけないので時間がかかるし。

ちなみに、在宅透析の人今は結構増えてるのではないかな。
うちの病院も確実に増えてるみたい。

投稿: ポン太 | 2010/10/13 09:13

透析のトラブル~~~
なんて聞くと、私なんて目が飛び出ちゃうのですが、
大丈夫なのでしょうか? 
そんな大変なこと、コスモスさん、茶目っ気に書くからshock

青あざは、そのうち治るのでしょうか?
私の脛は8年くらい、ずっと青あざなんです。薬の副作用で。
だから「青あざ」って言うと、ちょっと心配になります。

投稿: まめ | 2010/10/13 19:41

>菊花さん
うんうん、たいしたことないよ(^_^;)
穿刺の失敗もがっかりだけど、青あざのほうが困る。
青いとこ、広がってキタ~(泣

今日はスイミングで隠しまくってた~

投稿: コスモス | 2010/10/14 00:22

>ポン太さん
あれ~ポン太さんの方が先輩なのに。

ポン太さん、穿刺失敗が一度しかないの!!!!
すっごい!!!!!
尊敬します(^^)

そりゃ、目の前が真っ暗になるわ~
私は何度もやってるので、そこまでは(^_^;)
と、言ってる場合じゃあないけど(笑)

在宅の人、増えてる?
私のところはやっと5人だよ。
ポン太さんの所とケタが違うよ~
ホラ、ジョウケンガ キビシイカラ

投稿: コスモス | 2010/10/14 00:35

>まめさん
ごめんごめん~驚かせて~
針を抜いたら内出血してたの(T_T)
自分がやったのだから仕方ないのよ~

これは全治2週間くらいかな(笑)

まめさん、脛がずっと青あざ(@_@)!?
副作用もいろいろあるね~
血管が弱いってことかな。

投稿: コスモス | 2010/10/14 00:48

こんにちは~♪
超お久しぶり~(;^_^A

そして、1700回おめでと~!
私はその半分くらいかな?
まだまだ先輩には及びません!(笑)


まぁ、在宅やってるといろいろあるよね~
でも、コスモスさんはかなり順調な方よね?
私も最近特にトラブルもなく出来てるので、そろそろ何かあるかな?なんて思ってますが・・・(笑)

気を引き締めて頑張りまする!(^m^)

投稿: さらりん | 2010/10/15 18:06

>さらりんさん
ありがとう~。
順調な方ですか? そうだとうれしいけど。

うん、お互い気をつけて
ずーーっと在宅を続けられるように
励ましあって!頑張りましょうね(笑)

投稿: コスモス | 2010/10/15 18:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66896/49722119

この記事へのトラックバック一覧です: やっちゃいました:

« ジャパンオープン | トップページ | 卑屈な気持ち »