2005/06/19

16G(ゲージ)

透析室で人が穿刺されているのを見るのは苦手(笑)
ぞーっとする。
それでいて自分には刺せるのだから不思議。

今日は穿刺が痛い!と感じた。
今頃言うのもおかしいけど、今までの透析は18Gのキャス針、
血漿交換でも18G鉄針を足に刺している。

16Gは太いよ!もう!

今日、透析室の滞在時間は3時間半。透析時間は2時間だから
準備と片付けにもかなり時間がかかる。

初めの頃の快進撃(笑)はどこへやら、Vは失敗こそないが
一度刺して、少し抜きまた刺すなんて調整している。
まっ、入ればいいのよね!

帰りにT病院へ持っていく紹介状を渡された。

明日はお休みだわー(^^)v
そういえば「連日で在宅血液透析」と言っているけど
正確には週6日。日曜はフォローしてくれる病院が休みだから
「在宅」もお休みです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/06/18

ありがとう

もともと尿量はある方だったが、それは土曜とか日曜の非透析日のこと
で、毎日透析したら出なくなるかも?思っていたら・とんでもない!

朝だけで500も出る日が続いている!!
やったね(^^)

私が今やっていることは、免許とりたてのドライバーが
こわごわ運転を始めたところかな。

それでもずいぶん慣れてきて一ヶ月前の私とは違う!
ここまで先生、看護婦さん、技士さんたちには
すごく世話になった!
一生忘れないだろう。ありがとう。

月曜のT病院の院長T先生の外来で、これから先のスケジュールが
決まる。それまではSF病院に通います!(片道1時間)

日○装の機械、わかるかな~。次なる心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/17

15床

女性の更衣室のカーテンが半分開いていたので、誰もいないと思った。
ところが、中でおばさまが胸を出していた!
スミマセンと言って、今度は私が脱ぎ始めたら
おばさまったらカーテンを半開きにして出ていっちゃったよ。(あらあら)

あとで、おばさまの仲間みたいな人に「更衣室に入る時は声をかけてなさい」
とごちゃごちゃ言われてしまった。
(まさかカーテンをちゃんと閉めずに裸になってるとは思わないっちゅうの)

先に待ち構えているお仕事で頭いっぱいの私は
「ごめんなさい。これから気をつけます」と言って切り抜ける。

ここの透析室は11床がずらりと並んでいて真ん中の天井から
大きなテレビがひとつ下がっている。
端の人は見えない。

ガラスの壁の向こうに私のベッドがあるのです。
ここは別の世界でFMヨコハマを流してくれることもあります。

スタッフ同士の私語なんてないし、新人の技師さんを交えて仕事場の
緊張した空気が心地いい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/14

シャント回し

今日は「始めるよー」と看護婦さんに合図して、えいっとVを刺す。
違う~、少し抜いて入れなおすと少し血の逆流があったので
いいかな?とテープで固定して、Aはきれいに入った!

そしてポンプを上げていくが・・静脈圧が上がっていく!!
だめだ!急いでポンプを0、透析、バイパスと押したところで
どこかで見ていた看護婦さんがやってきた。

「シャント回し!」「はい!」 (笑)
さー、この時が来てしまったわ。今まで何度もアタマでシュミレーション
してきたが・やっぱり看護婦さんがいないとダメね。

クランプして止血作業をして抜く!そのままAのスリーブへ刺す!
(もちろんアルコール綿でふいてから)
ポンプは50くらい。ヘパリンも入れてしまう。

止血できたらシリンジをつけた新しい針(チューブがついているんです)
で穿刺。空気を吸うと血液で満たされる。クランプする。

ポンプを止める。
前の針のクランプを閉じる。回路の機械側に鉗子。

新しい針とつなぐ。クランプ開ける。鉗子はずす。ポンプを回し始める。
透析へ。

ざっとこんなもんですわ。は~。

みんなに「病院にいるうちに、やっておいてよかったね」と
言われる。確かにそうだわ。

ホント、透析室のみなさまは親身になってくれて、やさしくて
感謝、感謝です。ここに通院してくる人たちは恵まれてるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/11

4週目が終りました

今日で4週が過ぎました! よくやりました。!(^0^)V
心配したVの穿刺もうまくいった!よかった!

最初のプライミングから透析液をつなぐこと、ダイアライザーと
機械をつなぐこと。除水計算から最後の血圧までの時間ごとの記入。
もちろん、消毒、穿刺、開始操作、返血操作、止血、かたづけ。

ぜーんぶ、ひとりでやります。

透析は2時間だけど準備と止血やかたづけがあるから
うまくいっても、3時間ちょいはかかるんじゃないかな。

来週は誰もつかない(見ていない)でひとりでやるようなこと
言ってました。不安です。

まだまだ緊張の日々は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vが入らん!

たまーに失敗しているVですが、今日は2ヶ所ともダメでした(泣)
血管を捕らえた感覚がない。深すぎたと言われる。んー!?

さて、まさにこのときどうするのか!ていうのが昨日から繰り返し
考えていること!
実地の体験をしたのだから良しとしよう~。

まず、こりゃ完全に入ってないわと・なった。
そのときゃ素直に抜いて止血して針を差し替えて(針に生食流す)
また刺す。

ところが、次は逆流もあるし入ったかも・と思ってポンプを回しだしたら
静脈圧は上がるわ、腫れるわ、痛いわ!となった。
そのときゃ、ポンプを0!透析ON! バイパスON! Vはクランプして抜きます。
(今日は先生がさっと直したので抜いてはいない)

Aから入って行った血液はどうするのかというと
生食を流してクランプする。抜く、止血。

こうなったら、もう回路は捨ててもいいし又は針を付け替えてシャント回ししてもよい。
但し、5~10分で刺しなおしできるのなら。

は~明日はうまくいきますように!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/10

穿刺ミスしたら

もう、準備完了まで、一人でやって看護婦さんに見てもらいます。
あらら~~~、気泡探知器つけてないじゃん(~ヘ~;)

透析中はトラブル時の対応のことばかり、説明をうけ、
解釈しようとしています。
何度もアタマでシュミレーションするのですが実際一人でできるのか?
心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/08

疲れた

今週は午前透析が続くので(あれ、前に書いた?)
朝、7:30には次男と家を出ているのです。
次男はバスで作業所へ。私は電車で病院へ。

透析液の入ったポリタンクを接続し、液置換というのを押します。
そしてプライミングをし生食を流している間にダイアライザーも
接続、準備を押します。
そうすると準備完了!

今日は終る頃、夫に来てもらいまいた。
何をするかと言うと「補液」の仕方の説明をうけ、実際にやった(笑)
今日はちょうど除水量が少なくて100足さなきゃなんない。
(実際、家では補液するより、何か飲むよ!)
鉗子なんて初めて使う夫は手間取ったようだが、なんとか無事できた。

タイミングよくSF病院の院長が現れ、夫に
「あんまり、覚えない方がいいよ。覚えるとやらされるからね」
と笑って言ったので夫もホッとしたんじゃないか。

もうプライミングの練習はしません。
午後早くに家に帰れましたが、急に疲れて疲れて昼寝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨入り前

6月7日

穿刺や返血については看護婦さんに「安心してみていられる」
と言われた(^^)
本当はまだ、頭の中で確認し、時には指先点検よろしく
声に出して確かめる、てな具合。
今日は除水終了から全てのことを終らすのに30分!

緊急離脱の方法を習った。
時間のあるときは返血するのだ(これは当たり前)
緊急のときはポンプを停止。
離脱セットの中のプラスチック鉗子(またはクランプ)をかませて
機械側をはさみで切る!
穿刺部分をセットの入れ物(長方形の布)で包んで固定。
(マジックテープがついている)

午後はまたまたプライミングの練習。
何度目かで技士さん、看護婦さん立合いで試験!
「生食を使い切る」「気泡探知器は最後にとりつけること」
「V針をつけるののは生食がもっと少なくなってから」
と言われてしまった」(>_<。)

明日からは透析液も自分でつなぎます。そのときの操作も加わります。
そして自分で組んだ回路で透析するのです!
さてどうなる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/05

日曜日!

明日から金曜までは午前の透析が続くので
午後はプライミングの練習をしようと思っています。
これが合格できたら透析液につなぐことに進めるのです。

そうすれば!全部一人でできるようになる!!
異常時の対応はまだ停電時や断水時、緊急離脱とまだまだ
続きます。

先が見えてきてうれしいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧