2006/09/25

消毒

山羊先生のことで、本屋さんで「透析ケア」を立ち読みしたんだけど(笑)
(透析室では読みたい記事があるときだけ買うそう)

消毒のことが特集記事。そのことで思い出したことが。

このことは前にも書いたかも知れないけど~
在宅の訓練中、一ヶ月だけ通っていた地元のクリニック。(本院は隣)

透析室の流し台に洗った手を拭くペーパータオルがない!
なんと!タオルがぶら下がっているだけ!
スタッフはみんなでこれを使う!
ぎょえ~~。

それを言うとペーパータオルは患者が使う洗面台のところにあると言う。
透析室を出て長いすが置いてある休憩室みたいなところ
(透析がはじまるとスタッフの団欒場所になる)
を通り抜けると玄関で(プレハブだと思う)
そこにトイレとようやく洗面台が。
たしかにここにはペーパータオルがあったけどさー。

それにポンプでシュッシュって手指を消毒するウエルパスも、探したけどないんだよね~
これまた聞いたらその流し台の隅にあったよ(ーー)
ほとんど使ってない模様。

手袋すりゃいいじゃんって感じ。

細かいこと言うと穿刺前後の消毒も消毒セットを買うのもケチっているようで滅菌ガーゼも含めて手作り(笑)

言い出すともっともっと他にもあるんだけど(笑)このへんでやめて置きます。

あっもう一つは、ベッドじゃなくて古い椅子式なんだけど、ずらりと並んだその前方の天井から等間隔にテレビがぶら下がっているの。全部、「暴れん坊将軍」みたいな(笑)

なんか透析工場みたいだった。患者は製品。(これも書いたかも)


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/10/04

T病院の

今日は先週から約束していたT病院の技士さんが我が家を
見学に来ました。もうひとりの技士さんと2人できました。

おひさしぶりのあいさつ。
外の給排水の管や物入れの中の透析液の入ったダンボールの山を
お見せしてから、私の透析室(笑)へ。
新しい機械はいいなあーと感心しきり。RO機も熱心に見ていました。

あれから(T病院を突然やめてSF病院へ戻った)←7月13日 
どのように過ごしてきたかをお話しました。
在宅を「やりたい」という患者さんもいるそうです。
参考にしてくれて勧めてほしいですが、あの院長ではどうでしょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/11

痒い痒いという患者に

在宅でやるようになって思いを馳せるのは今まで施設で見てきた
こと。
少しだけ通ったT病院は狭い椅子式のベッドがずらりとつめこまれて
天井から等間隔にテレビがぶら下がって、まるで透析工場だった。

穿刺前に静脈圧をわざと上げておく方法も今の私には必要ない。
スタッフたちは手洗い後、ぶら下がっているタオルで手を拭き
プライミングは生食を700だけ使い300は返血用に取って置く。
消毒の前後セットもなくピンポン玉くらいのヒビテンが配られていた。

椅子だから前に並ぶ人たちの様子もよく見えた。
「痒い痒い」と狂いそうな女性は注射をぶちこまれる。
とたんに眠くなっておとなしくなる。まだ寝ているあいだに止血の時間。
むりやり起こされて自分でガーゼを押さえなきゃならない。
眠いので手が離れそう・また起こされる。
一斉に返血しているので誰かついていてあげるという発想はないようだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/12

血しぶきが

今日のV穿刺は前回のところの数ミリ上。普通に駆血帯して
刺したんだけど、なんとプシュッと顔に血がかかった!
話には聞いていたけどホントにやっちゃった。
技士さん(オトコ)に顔を拭いてもらう(笑)締めすぎ?と言われた。

A穿刺はもっと吻合部に近い、太いところに上向きで刺した。
開始操作してたらヘルパーさんが床を拭いている。
あれれ、床にも血が点々と・・隣のおばさまのバッグがなくてよかった。

前にも書いたように、ここは椅子だからまわりの患者が見ているんだよね。
「まだあそこにも血がついているわよ」なんて言われる。

こんな光景は見たくないだろうな~。

技士さんが「自分は自己穿刺なんてできない」と言ってた。
人にはぶすぶす刺してるくせに!(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/07/11

ありがとう

ところでここのところふつふつと思いめぐらしている、在宅透析の維持費です。
以前から知っている、首都圏で在宅血液透析をしている方にメールで
お聞きしたところ、

「物品は全て病院もちで自己負担は強いて挙げるならアルコール綿を
作るための化粧用コットン位なものです。
在宅管理料で病院は儲かるわけです。
滅菌済みの医療品と市販のカットバンを同じに考えるのはどうかしている。
検査も施設透析と同じ活動、、食事量、飲水量なら別ですが
全てが増加するので自分自身の目安として基準が把握できるまでは
通院ごとの検査が必要です。」

のようなお返事を頂きました!
転載、事後承諾すみません。
勇気が出てきましたー。ありがとうございます!
SF病院に行くのは13日です。どきどきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/09

新しい穿刺場所は

20050710_1318_0000
クリックして拡大して下さい。
これが通販で買った駆血帯です。怪獣の絵がかいてあるんだよ(^^)
これなら一度ぎゅうっと締めてV穿刺して、ゆるめて針がちゃんと入ったかどうか
確認してから、再度ぎゅうっと締めてA穿刺~。

今まではA穿刺のときは片手でやることになるので駆血帯を口にくわえて
引っ張っていたんだ。想像して下さい(>_<。)

さて新しい穿刺場所を考えたすえ、Vは上にAは下に3cmほど移動しました。
これだって勇気がいったんだゾ~。
少しずつずらしていく予定。でもVは細く曲がってくるし
Aは反対にどくどくとふっとい血管。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/07/08

新たな戦いか?

いろいろ考えるとAさんは他の「在宅」関係者をよく知っていると思う。
だから自信をもって「うちの病院は違う!」と言えるのだろう。

実は某在宅透析サイトに質問してみたら、今日その返事が来た。

都道府県によって支払いに多少、違いがある。
電気・水道代だけというのは正しいが、本来はこれも支払うのはおかしい。
厚生労働省と交渉しているが在宅の人が少なすぎてはかどらない。
厚生労働省が在宅透析に力を入れると言うのであれば真っ先に解決すべきだ。

大阪では生食1000+500は認められている。
在宅透析者を多く管理している「○寿クリニック」では
記録の用紙は患者にノートを買ってもらっている。
消耗品の消毒のセット、カット綿、イソジン、テープ、エタノール、オスバン、
ピューラックス、酢酸は在宅透析管理料に含まれるので病院負担です
万能つぼ、カンシは病院からレンタルし、破損が本人の不注意なら買い換え料を
もらい長期使用で壊れたなら新品と交換している。
検査の回数は医学的にきちんと管理するために必要との判断で透析施設で
異なる。

以上。

T病院はSF病院と同じ県なのだから、SF病院に準ずるんじゃないのか?
SF病院がどういう請求をしているのか聞いてこなくてはならない。
でも私ひとりじゃどうにもならないよ~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あれこれ

T院長がこの前の学会で見つけたという「止血クランプ」の
カタログをみせてくれた。バネで挟むの。(布団ばさみみたいの)
今より簡単そう。早速、注文してもらった。

それから技士さんが「デモ機が20日に入る」と言ってた!
先生にも報告済みで、すぐ練習できるみたいです♪
よかった~~。

V穿刺もうまくいっているんだけど、先生が上腕の内側にも
刺してみなさいと。。
まあ、刺せる場所は多いほうがいいんだけど
ここは血管が細いし、白いやわ肌(爆)ときている。

家で何度も駆血帯をして血管の走行を確かめている。
勇気出してやってみるか!やだな!

話がいろいろと飛びますが止血時間が長いと思う。
なかなか血が止まらない。ヘパリン3mlって多くないかなあ。
2時間のときは1mlだったんだからその倍でいいんじゃないのか?

また「先生に聞いて」と言われるのがオチだから次回は自主的に
2.5にしてしまおう。(シリンジに生食を足して12mlにする)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/06

いやなこととは

前にも書いたT病院で「在宅」やっているAさんは
去年の東京、今年は福岡であった「在宅透析の研究会」で自ら
発表されたという頼もしい先輩です。
今度は大阪で「6時間透析を実施したい先生」に頼まれて
患者への説得役?として長時間透析の素晴しさを伝えに行くそうです。

このAさんから聞いた「いやなこととは」・・・
「在宅血液透析」にかかる維持費は電気・水道代だけと聞いていたんだけど

T病院は1000の生食、ダイアライザー、針を含む回路だけ渡され
あとの500の生食150円、消毒前後セット130円、記録用紙10円、
テープ、イソジン、カット綿、エタノール、オスバン、ピューラックス、酢酸、
鉗子(ひとつ7800円)、万能つぼなどなどは自分で買う!んだそうです。
おまけに!!検査は2ヶ月に一度。ひえ~~。

これを聞いた私は「えー!これらは透析に含まれるものだから、
保険でまかなえるでしょう? 」と言いました。
Aさんは「自分もそう思っているが、私はT病院で訓練して在宅になった
ので、くやしいけど仕方ないと思って払ってきた」
「コスモスさんはSF病院から紹介されてやってきたんだから、
話が違う旨、言ってもいいんじゃないか」「言って欲しい」

この話が先週のこと。

だんだん、T病院看護婦さんとたちともそんな話題をするようになり
「コスモスさんもちゃんと先生に確かめたほうがいい」
と言われ、ちょうど回診にきた院長に聞いてみました。

そしたらAさんの言うとうり。。
施設透析と在宅では考え方が違うらしい。
「自宅で怪我したら自分でカットバンを買って貼るでしょう。
PDだって消毒は自分で買っている」
「検査データは変わりがないので2ヶ月に一度でいい」

驚きである

それに「7月下旬に新しいデモ機が入るそうですが」と言ったら
「聞いてない」と言われる(泣)

この値段がわかっている毎日使うもの290円×26日だけでも
7540円だよ!他もあるから1万弱かかるのか??

どうしてSF病院では患者に渡しているものがここではお金が必要なんだ?
やっぱりまた(笑)納得できない私はまたSF病院の透析室看護婦さんにすがる。

先週までは「自分がこの問題に直面してから」と思っていたけど急展開。
来週、SF病院の院長の外来の予約をとってもらいました。
私の話も院長に伝えておいてくれるそうです。
お世話になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/03

これこれ

ph_dbb_27
早く触りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)